So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
20才と31才の恋話 ブログトップ
前の4件 | 次の4件

9番目の夢.31 [20才と31才の恋話]

 昇の場合について語ろう。

 幼い頃には、いくつもの道が昇の行く手に手つかずのまま拓けていた。
 そのうちの、どの道を選びとるのも自らの思いのままだと考えていた。いろいろなことを成し遂げてみせるだけの力が、自らのこの手には備わっている。昇はてっきり、そう思いこんでしまっていたのだ。

 さらに言えば、何をやるかは決して大切な問題でなかった。何であってもかまわなかった。僕には確かに何がしかの力がある。他の者には見られないような優れた何かがある。たとえ何を選ぼうとも、その優れた力さえあれば何かを作りあげることが出来るはずだ。何をやろうとも、その優れた力が発揮され、素晴らしいものを作り上げることが出来るはずだ。そう昇は固く信じていたのだから。

 だがその傍らで、昇は怯えを感じてもいた。もし本当にそんな優れた力が自らに備わっているのだとしたら、今すぐにでもその力を何らかの、はっきりと目に見える形で外にあらわすことが出来るはずなのでなかろうか。しかし昇はいまだに何ものでもない。何をも作り出すことなど、できてはいない。だとすれば。もしかすると自らの優れた力などというものは、昇がかってに思い込んでしまっているだけの幻にすぎないのでなかろうか。あるいはもしも本当にそんな力があるのだとしても、それは何をも作り出したりすることの出来ないものでしかないのではなかろうか。

 今から振り返ってみると、二十代の日々は自らの夢をひとつひとつ諦めては捨てさることのくり返しだったようなものだ。

 いくつもの道を同時に選ぶことは出来ない。人にはそれぞれ、その人なりの持てる力というものがある。そしてその持てる力には、おのずから限りというものがある。決して、誰でもがどんな道をも選びうるというわけではない。
 だからこそ人は皆、選びとらなければならないのだ。自らが本当に進みたいと思う道を。それも自らの持てる力で進むことができると思われる道を。

 夢のひとつひとつに見切りをつけて、自らの明日を狭い枠のなかへと囲いこんでしまうのは確かに辛い。
 だがおそらくは、それこそが齢をとるということなのだ。

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

9番目の夢.30 [20才と31才の恋話]

 子供の頃にはクラスが天才の卵で満ちあふれていた。
 ちょっとでも機械に詳しい奴がいると、誰もが噂したものだ。あいつが大人になったら大発明家として名を挙げるに違いない。いや。何も大人になるのを待たずとも、遠からず何か大発明をやらかして、少年発明家あらわるとか何とか騒がれるのではなかろうか。などと言った、そんな具合に。

 野球がうまい奴は必ずプロ野球の選手になるものだと、誰もが信じこんでいた。それも決して一軍にあがることなく二軍のまま終わるような選手ではなく、プロ野球の歴史に名をのこすような名選手に。ちょっと成績がよくて、将来は弁護士を目指ざしているなどという奴がいようものなら、必ずや日本で一番の弁護士になるものと決めつけられた。走るのが速い奴の将来は、オリンピックの選手と相場が決まっていた。歌がうまい奴は、男だろうが女だろうが皆アイドルの卵だった。

 だがもちろん、そんなのは世間を知らない子供ならではの勝手な思い込みだ。
 誰もが天才であったりなどするはずない。誰もが大発明家になれるわけではないし、オリンピックに出られるわけでもない。

 いくら子供だからって、本当ならそんなことは少し考えてみればすぐにわかる。ひとつの学校には普通いくつものクラスがあるのだし、日本中には数え切れないくらいたくさんの学校があるのだ。それぞれのクラスで野球のうまい奴がひとりづつプロ野球の選手になったとしたならば、球団がいくつあっても足りないじゃないか。それぞれのクラスで歌のうまい奴が、たとえひとりづつでも皆アイドルになったとしたら、この世のなかにはアイドルがあふれかえってしまうじゃないか。

 誰しもいつかはその事実に気づく時が来る。天才なんて、そう滅多といるものではないということに気づく時がやって来る。滅多にいないからこそ、彼らが天才と呼ばれるのだという、そんなあたりまえの事実に気づく時が来る。もし本当に天才が数え切れないほどたくさんいるのなら、彼らは決して天才などと呼ばれるはずがない。天才とは、滅多とお目にかかれない恵まれた才能の持ち主という意味なのだから。

 そして人は、いやでも思い知らされることになるのだ。輝かしい未来は誰にでも約束されているものではないのだということを。大発明家や名選手やアイドルになれるのはごく限られた、そしてごく恵まれた一部の人間だけにすぎないということを。決して天才などではなく、残りの大部分にすぎない我々には、そこそこの未来しか与えられていないということを。天才でない我々はそれなりの人生を、苦労して何とか生き延びていかなければならないのだという厳しい現実を。

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

9番目の夢.29 [20才と31才の恋話]

「まいりました。先輩、俺の負けです」敏男は腰をひいて、昇の前で頭を下げてみせた。「俺にはとうてい、そこまで深く夏代のことを愛してなんかやれません。いくら夏代を好きだからって、俺はやっぱり自分のことが可愛いですからね。夏代のことを本当に考えてやってくれているのは先輩だけですよ。夏代を幸せにしてやれる奴なんて先輩しかいないんです」

「そうだろうか」
 力なく、昇がつぶやく。彼はすでに、すっかり敏男に乗せられかけてしまっていたのだ。

「先輩、夏代のことを第一に考えてやって下さい。先輩が夏代にふさわしいかだなんてことは気にせずに、夏代のためだけを思ってやって下さい。夏代は今、とても不安定で、迷ったり悩んだりしているはずです。そして、そんな夏代のことをささえてやれる相手は、この世に先輩ただひとりしかいないんですよ。さっき先輩も言っていたように、夏代のささえになってやって下さい。お願いします」

「そりゃあ俺にできるものなら、そうしたいのはやまやまだが」
「ここまできて何をためらっているんですか。夏代は先輩のことを頼りにしているんです。そんな先輩が夏代のことをささえてやらなくて、他の誰にその役目が務まるというんですか」

「わかった。俺にできるかぎりのことはやるよ」とうとう昇は敏男に説き伏せられてしまった。「でも、いいか。その役目をはたすべきなのは本当にこの俺なのか。それとも他の誰か、たとえば敏男がかわりにその役目をはたすべきなのか。それを決めるのは、この俺じゃない。それは夏代が決めるべきことだ。そうだろう」
「まあ、それは確かにそうですね」
 敏男には逆らうべき言葉もない。

「だから、それは夏代に決めてもらおうぜ」
「夏代に決めてもらうって、いったいどうするつもりなんですか」
「ちかいうち、敏男の気持ちを夏代に話すよ。お前が今でもまだ夏代を好きだっていうことをな」
「えっ、やめてくださいよ。俺のことなんか、どうでもいいんですから」

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

9番目の夢.28 [20才と31才の恋話]

「ただ齢がはなれているというだけのことだったら、確かに敏男の言うとりかもしれないよ。でも夏代は高校生で、俺は夏代の先輩だったわけだから。そんな俺が夏代に言い寄ったりすることなど、できようはずがないじゃないか」
「耳が痛いな。俺も夏代の先輩なのに、あいつがまだ高校生のうちから口説いたりしてましたからね」

「うらやましかったんだぜ」昇は心ここにあらずとでもいうような眼つきをしてみせる。昔のことを思い出し懐かしさにひたっているらしい。「敏男が夏代に言い寄っているのを見て、内心ではとてもね。俺だって、夏代のことを口説きたかった。あいつのことが好きでたまらなかったからな。でも俺にはできなかったのさ。それもそうだろう。まさか俺みたいな齢の男が高校生のことを口説くわけにはいくまい。たとえ夏代は許してくれても、世間が許さないというものだ」

「それじゃあ何だか、ますます俺の立場がないというものでしょう」敏男が口をとがらせた。「そこまで言われたんじゃ、現に夏代のことを口説いた俺はよほどの悪者みたいに思えてくるじゃないですか」
「いいんだよ、敏男は。まだ若いんだから。お前くらいの齢の差なら何も問題はないだろうさ」

「先輩だって、別に何も問題なんかないですよ。そりゃあ、先輩が軽い気持ちで夏代のことをもてあそんだりしたというんだったら、その時は俺だって本気で怒りますけどね。でも先輩は、少なくとも真面目に夏代のことを考えているわけでしょうし」
「俺が真面目だということだけは信じてもらってかまわないだろうな。夏代さえそれでかまわなければ、俺は一生の間でも夏代と一緒に暮したいと思っているわけだから」
「先輩がそこまで本気なら、もう何も悩むことなんかないじゃないですか」

「そうはいかないよ。確かに今の夏代は、もう決して高校生なんかじゃない。でも、まだ二十歳の女の子なんだ。それなりの夢もあるだろうし、やりたいことだってたくさんあるだろう。そんな若い女の子にとって、俺みたいな年くった男は邪魔なさまたげでしかないはずさ。俺は決して、夏代に何かを強いたくはない。俺のため夏代に何かを諦めさせたくはないし、彼女の足手まといになんか死んでもなりたくはない。俺は夏代のことを愛しているし、彼女に何かやりたいことがあるのなら、できるかぎり手助けをしてやりたいとは思うよ。でも俺が夏代にしてやれるのは、そこまでだ。それ以上でしゃばるわけには、いかないだろうな。その時、俺は夏代にとって必ずや邪魔な何ものかでしかなくなってしまうことだろう。そして俺は、それがいやなんだ」

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の4件 | 次の4件 20才と31才の恋話 ブログトップ