So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
20才と31才の恋話 ブログトップ
前の4件 | -

9番目の夢.35 [20才と31才の恋話]

(「9番目の夢.34」を読む)

「でもさ、じゃあいったいどんな男の人なら夏代につりあうんだろうね」
「まずいないでしょうね、そんな人は」こともなげに夏代は言い切ってみせた。「いいの、私は。ずっとひとりで生きていくんだから」

「確かに今の夏代がそういうことを考えられない時期だということは、端で見ていてわかるような気がしないでもないよ」昇が食い下がる。「ただ、いつまでもそれが続くとは決して限らないだろう」
「先のことは、わからないわよ」あいかわらず夏代の口ぶりは力強い。「でも先のことは考えないようにしているの。先のことなんか、考えてみたってしかたがないんだし」
「そうか」

 とりつくしまもない夏代の態度に、昇は言葉もなく引き下がった。今はもうこれ以上、何を言ってもしかたがない。今の夏代に何を言っても、しょせんは無駄なのでなかろうか。昇にはそんな気がしてならなかったのだ。敏男と自らとの気持ちをぜひとも夏代に打ち明けようと気負いたっていた心が、見る見る間にしぼんでしまう。その勢いをとめることなど、昇にはできるはずもない。

 昇は考えこんでしまった。これがもしも敏男でなく、他ならない昇みづからの夏代に対する想いを打ち明けたのだったとしたら、はたしてどうだったのだろう。その場合でも夏代は、やはり同じような返事しかしないのだろうか。夏代に対する昇の愛を決して受け入れてくれることなく、ひとりで生きて行くのだと言いはるのだろうか。

 もちろんそれを確かめてみることは出来る。ためらったりせずに思い切って、自らの気持ちを夏代に打ち明けてしまえばいいのだ。そしてそれに対する夏代の返事を聞けばいいのだ。しかしそんな勇気など今の昇には、もはやなかった。打ち明けてみるまでもなく夏代の返事は、わかりきっているような気がする。昇にとって望ましい返事を聞くことができるなどとは、とうてい思えない。

「ね、センパイ。このおいしそうなところ少しあげる」
 しばらく黙って口を動かしていた夏代が自らの皿を昇の方にむけて押しやった。
「これはどうも。じゃあ夏代も、好きなところを持っていってくれてかまわないよ」
 昇は昇で、やはり自らの皿を夏代の方に差し出す。
「わあ、センパイ、ありがとう。じゃあ遠慮なく、っと」

 はしゃぎながら夏代が自らの料理を昇の皿に、そして昇の料理を自らの皿にそれぞれとりわけた。なんだかとても雰囲気がいいな、と昇は改めて思う。こういう親しさを夏代はどう思っているのだろうか。夏代と昇との間にまぎれもなく存在していると、少なくとも昇の側では考えている心の通いあいを、夏代はどういうふうにとらえているのだろう。

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

9番目の夢.34 [20才と31才の恋話]

(「9番目の夢.33」を読む)

「で、話の続きなんだけどね」ふと手を休めて夏代が切り出した。ひとり物思いにふけっていた昇も、はっと我に帰って顔を上げる。「私その人たちに、皆おことわりさせてもらっているのよ。少なくとも今のところは、どなたともおつきあいする気がありません、っていって」

「へえ。どうして」
「今はまだ、とにかくそういう時期じゃないのよ。今の私は、ひとりでいることの気楽さをめいっぱい楽しんでいたいの。せっかく親の家を出て、ようやく自由になれたんだもの」

「まあ確かに、そういう気持ちはわからないでもないな。でも、それとこれとは別だろう。誰か男の人と、まあ敏男でも誰でもいいわけだけど、つきあったからといって、そのために自由でなくなってしまうというわけでは決してあるまい」
「そうでもないと思うわよ。とにかく今の私は何ものにも、誰からも束縛されたくないの。それが親からであれ、他の何かからであれ、男の人からであれ」

「そうは言うけどさ。男とつきあうことで夏代の自由が束縛されてしまうかどうかは、相手の男の人にもよるし、どんなつきいあいかたをするかということにもよるんじゃないのかな」
「それは確かに、そうかも知れないわね。でも今の私はそういう面倒くさいことをいっさい考えたくないのよ。今はとりあえず、目の前の自由を楽しんでいたいの」

 そんな夏代の言葉は、昇の心にも鋭くつきささった。夏代の言うとおりだとすれば、夏代に対する昇の愛もまた、かなう望みがなくなってしまうからだ。
「夏代はなんか、必要以上に身がまえすぎちゃってるんじゃないのかなあ。誰かとつきあうことを、そんなに怖れなくてもいいと思うよ」

「センパイ、私はこれまでずっといろんなものに縛られて、窮屈な思いをしながら生きてきたわ。それが今やっと何もかもから逃れて、自分のやりたいことが出来るようになったの。生きたいように生きられるようになったの。そんなわけで今の私はとても幸せなのよ。だから今のこの幸せを壊したくない。誰にも壊されたくなんかない。センパイになら、そんな私の気持ちがきっとわかってもらえるものと思ってたんだけど」
「そう言われてしまうと困るな」
 昇には何ら返すべき言葉がない。

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

9番目の夢.33 [20才と31才の恋話]

「まあいいか。敏男が言うんだよ。その、つまり」昇は再び口ごもる。だがここまで言い出しておいて、終わりまで話してしまわないというわけにはいくまい。ようやくの思いで彼は自らのためらいを乗りこえた。「まあ早い話、敏男は今でも夏代のことが好きだっていうんだよな」

「あら、まあ」
 思わぬいきなりの急な話で、夏代もさすがに驚いたようだ。よく口がまわるいつもの彼女らしくもなく、言葉をつごうともしない。ただ黙って、大きくうるんで見える瞳で昇の顔をくいいるように見つめている。

「奴が言うにはさ。いろんな女の子のことを見てきたけれど、けっきょく奴にとっては、夏代ほど好きになれた相手なんて他にひとりもいないんだそうだ」
「それで、いったい私にどうしろと言うの」夏代はようやく昇に、そう訊ねた。

「どうしろとも言ってないよ。敏男も、あるいはこの俺にしたってね。いま夏代に話したような敏男の気持ちを知って、その上ではたしてどうするかってのは、夏代が決めることだろう。敏男だって必ずしも、別につきあってくれって夏代に言っているわけじゃないんだ。つきあっても決してうまくはいかないだろうって、敏男みづからそう言っていたほどでね。ただ夏代の側にその気があるんなら、いつでもおつきあいさせて欲しいとは言っていたけどな」

「敏男先輩が私のことを思ってくれているのは、決して知らないわけじゃなかったの。ただ、今でもそうだっていうのは今日はじめて聞いただけのことで」
「ああ。夏代は昔も何度か俺に相談してきてくれたよな。敏男に口説かれたけど、どうしたらいいのだろうってさ」
「口説かれただなんて、そんなんじゃないのよ」細かい言葉つかいに夏代はこだわりをみせる。「いろいろと親切にしてもらっただけのことで」

「まあ、昔のことはもういいさ。それより夏代、今これからの話をしよう。夏代はどうするつもりなんだ、敏男とのことを」
「センパイ、これは決して私がうぬぼれて言うわけなんかじゃないのよ。それはわかってね」
 夏代がそこまで言いかけた時。頼んでおいた料理が夏代たちの席へと運ばれてきた。そこで夏代はいったん話すのをやめる。
「まあ、この続きは食べながらでも話すことにしようか」

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

9番目の夢.32 [20才と31才の恋話]

「それでセンパイ、話っていったい何なの」
 運ばれてきたグラスの水をひとくち含んで夏代が訊く。
「うん。それが、ふたつあるんだ」昇は答えた。「先ずひとつ目は、敏男の話なんだけどね」

 おりから食事時とあって、店の中には客が多い。昇たちのすぐ隣の席でも、恋人どうしと思われる男女のふたり連れが甲高い声で話しこんでいる。どちらかというと、あまり立ちいった話をしやすい雰囲気とは言えないだろう。

 敏男が昇の部屋へ泊まっていった日の数日後。仕事がおわってから昇は夏代を夕食にさそった。夏代に対する敏男と自らの気持ちを、彼女に話してしまわなければと思ったのだ。昇が夏代とつれだって食事に出ることは決して珍しくもなんともない。これまでにも何度か、残業をしてもらった後など食事を共にしたことがある。

「敏男先輩が、どうかしたの」何気なさそうに夏代が訊ねた。
「いや。たいしたことじゃないんだけど」昇は言いよどむ。「この間つぐみたちと会った時、あのあと敏男とふたり飲み明かしたってことは話したっけね」
「どうせまた私の悪口で盛り上がったとでもいうんでしょう」
「正直な話、それも少しはあったな」

 あの夜のことを思い出しながら昇は答えた。そういえばあの後すっかり酔いつぶれた敏男が、自らにつれない夏代のことを昇の前でこきおろしてみせるという一幕もあったのだ。もちろん昇には、はっきりとわかる気がする。それは敏男ならではの照れかくしだったのだろうということが。しかしそんな男心など、夏代のような若い女の子には決してわかってもらえるはずもない。

「やっぱり。ええ、ええ、どうせそうでしょうよ。昇センパイと敏男先輩のふたりがそろったら、私の悪口を言わないわけがないものね。センパイたちなんか、そのまま酔っ払ってアル中にでもなってしまえばよかったんだわ」

 夏代。それは違うよ。敏男と僕はふたりとも、夏代に恋こがれているんだぜ。夏代の悪口を言うどころじゃない、ふたりとも心の中では夏代のことを誉めたたえたい気持ちでいっぱいなんだ。夏代のことを慕い、夏代に憧れてさえいるんだよ。どれほど昇は夏代に、そう言ってしまいたかったことだろう。だがもちろん今の彼にはまだ、そんなことを口に出すだけの勇気などありもしなかった。

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の4件 | - 20才と31才の恋話 ブログトップ