So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
真に役立つ恋愛本を ブログトップ
前の4件 | -

勃起不全は滅多にない [真に役立つ恋愛本を]

「利き手の右手の二本の指でペニスをはさみ、亀頭の先っぽには左手の手のひらをあてがいます。そして右手でペニスを振るようにして、亀頭の先っぽが左手の手のひらにこすりつけられるようにするのです」という男性の自慰のやり方が、拙作『より上の悦楽を求めて』の中では「先端摩擦法」と呼ばれています。

 そして同作の登場人物は「先端摩擦法でしたら、なにも勃起が完全である必要はありません。たとえ勃起が完全でないペニスでも先っぽの部分をこすれば、気持ちよく感じることはできますのでね。しかも私の場合はペニスの先っぽの裏側の部分をこすりつづけると、射精に至ることもできるのです」とも語っているのです。
 なお「ペニスの先っぽの裏側」というのは男性が垂直に立ってペニスを水平に、つまり自分の体とは直角に伸ばした場合に下を向く側のことです。

 当塾の「勃起せずに自慰で射精」の頁には、この『より上の悦楽を求めて』の中の一部分が掲載されています。
 するとその頁のコメント欄になおぼんRさんが先日、次のようなご質問を書いてくださいました。なおぼんRさん、どうもありがとうございます。

勃起させずに射精した場合、勢いよく精液が飛びますか?
それともだらっと、垂れるんでしょうか?

 そこで私は当塾の「自慰の射精は飛ばさない」の頁で、なおぼんRさんに対して次のようにお答えさせていただきました。

私は現時点で、このご質問に対する解答を知りません。
 なおぼんRさんに対しては、申し訳ないのですが。
 なぜなら私は自慰で射精をする際、ペニスの先端にティッシュをあてがって精液を受け止めるからです。(引用、ここまで)

 これを読んでくださり「勃起が完全でないまま先端摩擦法での自慰で射精をする際、ペニスの先端にティッシュをあてがうのを一度やめてみればいいのではないか。そして勢いよく精液が飛ぶか、それともだらっと垂れるのか試してみればいいのでは」と思った人もいらっしゃるかもしれませんね。

「勃起不全は~」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

勃起不全だと絶頂感はない [真に役立つ恋愛本を]

「利き手の右手の二本の指でペニスをはさみ、亀頭の先っぽには左手の手のひらをあてがいます。そして右手でペニスを振るようにして、亀頭の先っぽが左手の手のひらにこすりつけられるようにするのです」という男性の自慰のやり方が、拙作『より上の悦楽を求めて』の中では「先端摩擦法」と呼ばれています。

 そして同作の登場人物は「先端摩擦法でしたら、なにも勃起が完全である必要はありません。たとえ勃起が完全でないペニスでも先っぽの部分をこすれば、気持ちよく感じることはできますのでね。しかも私の場合はペニスの先っぽの裏側の部分をこすりつづけると、射精に至ることもできるのです」とも語っているのです。
 なお「ペニスの先っぽの裏側」というのは男性が垂直に立ってペニスを水平に、つまり自分の体とは直角に伸ばした場合に下を向く側のことです。

 当塾の「勃起せずに自慰で射精」の頁には、この『より上の悦楽を求めて』の中の一部分が掲載されています。
 するとその頁のコメント欄になおぼんRさんが先日、次のようなご質問を書いてくださいました。なおぼんRさん、どうもありがとうございます。

勃起させずに射精した場合、勢いよく精液が飛びますか?
それともだらっと、垂れるんでしょうか?

 そこで私は当塾の「自慰の射精は飛ばさない」の頁で、なおぼんRさんに対して次のようにお答えさせていただきました。

私は現時点で、このご質問に対する解答を知りません。
 なおぼんRさんに対しては、申し訳ないのですが。
 なぜなら私は自慰で射精をする際、ペニスの先端にティッシュをあてがって精液を受け止めるからです。(中略)
 自慰で射精をする際に勢いよく精液を飛ばしてしまうと、それを拭きとるのが大変です。
 自慰で射精をする際に精液を勢いよく飛ばす男って漫画などでは描かれますが、実際には滅多にいないのではないでしょうか。(引用、ここまで)

 しかし、なおぼんRさんのご質問に対する解答を推測することはできそうです。

「勃起不全だと~」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

自慰の射精は飛ばさない [真に役立つ恋愛本を]

「利き手の右手の二本の指でペニスをはさみ、亀頭の先っぽには左手の手のひらをあてがいます。そして右手でペニスを振るようにして、亀頭の先っぽが左手の手のひらにこすりつけられるようにするのです」という男性の自慰のやり方が、拙作『より上の悦楽を求めて』の中では「先端摩擦法」と呼ばれています。

 そして同作の登場人物は「先端摩擦法でしたら、なにも勃起が完全である必要はありません。たとえ勃起が完全でないペニスでも先っぽの部分をこすれば、気持ちよく感じることはできますのでね。しかも私の場合はペニスの先っぽの裏側の部分をこすりつづけると、射精に至ることもできるのです」とも語っているのです。
 なお「ペニスの先っぽの裏側」というのは男性が垂直に立ってペニスを水平に、つまり自分の体とは直角に伸ばした場合に下を向く側のことです。

 当塾の「勃起せずに自慰が可能」の頁には、この『より上の悦楽を求めて』の一部分を抽出して掲載しました。
 すると「真性包茎30歳」と名のる方が先日、その頁に「私は完全に勃つことができない完全な勃起不全なのですが、これを読んで勃起しなくても射精できるようになりました」とコメントを書いてくださったのです。真性包茎30歳さん、どうもありがとうございました。

 そこで私は真性包茎30歳さんが書いてくださったコメントに関して、当塾の「勃起せずに自慰で射精」の頁で言及させていただきました。
 するとその頁のコメント欄になおぼんRさんが先日、次のようなご質問を書いてくださったのです。なおぼんRさん、どうもありがとうございました。

勃起させずに射精した場合、勢いよく精液が飛びますか?
それともだらっと、垂れるんでしょうか?

 しかし私は現時点で、このご質問に対する解答を知りません。
 なおぼんRさんに対しては、申し訳ないのですが。
 なぜなら私は自慰で射精をする際、ペニスの先端にティッシュをあてがって精液を受け止めるからです。
 この件に関しては当塾の「自慰での射精の処理」の頁をご参照ください。

「自慰の射精~」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

亀頭をこする自慰の難点 [真に役立つ恋愛本を]

 当塾の「真性包茎の利点」の頁では「ペニスの柄を握った手を上下に動かすのではなく、ペニスの先っぽをこする手淫のやり方」が書かれています。
 これは拙作の短篇小説「愛のための手術」のうちの一部分を抽出して掲載したものなのです。
 その「真性包茎の利点」の頁に先日、「ぐー」と名のる方が下記のようなコメントを書いてくださいました。ぐーさん、どうもありがとうございます。

初めまして、私も43歳で真性包茎です。
この記事を読んですごく共感できました。(中略)
女性と性交渉はしたことありませんが、するつもりがないので問題はないです。

 さらに「ペニスの先っぽをこする手淫のやり方」であれば「なにも勃起が完全である必要はありません。たとえ勃起が完全でないペニスでも先っぽの部分をこすれば、気持ちよく感じることはできますのでね。しかも私の場合はペニスの先っぽの裏側の部分をこすりつづけると、射精に至ることもできるのです」と、当塾の「勃起せずに自慰が可能」の頁には書かれています。
 これは拙作の長篇小説『より上の悦楽を求めて』のうちの一部分を抽出して掲載したものなのです。
 その「勃起せずに自慰が可能」の頁には同じ日、「真性包茎30歳」と名のる方が下記のようなコメントを書いてくださいました。「真性包茎30歳」さん、どうもありがとうございます(引用に際して、途中の空白行は省かせていただきました)。

私は完全に勃つことができない完全な勃起不全なのですが、これを読んで勃起しなくても射精できるようになりました。
真性包茎なので、皮を使ってやっていますが、先端を刺激するのは効果がありました。
治さないとって焦っていましたが、射精できれば問題なさそうなので、ホッとしてします。

 ただし「ペニスの先っぽをこする手淫のやり方」を長く続けていると「強い刺激に慣れすぎてしまったがため、普通のセックスでのピストン運動による刺激だけでは射精に至りにくくなってしま」う可能性があるようです。
 これについては当塾の「ペニスの先をこする弊害」の頁で詳しく触れられています。

「亀頭をこする~」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の4件 | - 真に役立つ恋愛本を ブログトップ