So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

9番目の夢.24 [20才と31才の恋話]

 グラスのバーボンを早くも飲み干してしまって、敏男は自ら二杯目をついだ。夏代たちと一緒にいた時から彼は、すでにかなりの量を飲んでいることになる。

「おいおい。俺をお前みたいな酔っぱらいと一緒にするなよな」
「そりゃあひどい。まあ、それはともかくとして、夏代がいろいろと話してくれたわけですよ。親から勘当されるに至ったいきさつだとか、引っ越し先の新しい部屋は空気が悪くて住み心地がよくないことだとか。お金が足りなくて、いろいろとやりくりに苦労しているというようなことなんかをね。そんなあれこれから思うに、今の彼女が落ちこんでいないはずはないとしか、俺には考えられないんですが」

「それは夏代が、そう言ったのかい」
「いや。本人はあくまで、今とても幸せなんだって言いはってます。でも今の夏代がおかれている状況を考えると、どうして幸せだなんて言えるのか、俺にはさっぱりわけがわかりゃしません」

「そりゃあ簡単なことさ。毎日のように俺と会えて、一緒に仕事が出来るわけだから。それで幸せなんだろう」しつこくも昇は、もう一度だめ押しをした。
「いったい、どうしたっていうんですか。今日はよっぽどおかしいですよ、その手の冗談を言うなんて。本当に、いつもの先輩らしくもない」

「だから言っているじゃないか。決して冗談じゃないんだってば」
「はいはい、わかりましたって。いい加減にしないと、本気で怒りますよ」
「ごめんごめん。敏男が真面目に話してくれているのに茶化してしまって申し訳ない。じゃあ冗談はさておいて、ええと、どういう話だったっけか」

「夏代って、何ていうか人前では表むき強がって見せちゃうところがあるでしょう。でも本当はすごい淋しがり屋で、本心ではその実けっこう落ちこんでいたりするんですよね。今回もそれなんじゃないかと気がかりでならないんです」

「敏男が夏代のことを気づかってくれる気持ちはよくわかるし、俺としても嬉しいよ」自らのグラスに二杯目のバーボンを注ぎながら昇は言葉を続ける。「でもさ。今の夏代にはまがりなりにも俺が毎日ついていてやっているわけだから。にもかかわらずあまり心配されたんじゃあ、俺の立場がないというものだよな」

「こいつはまいったな。たいへん失礼いたしました」おどけてかしこまってみせながら、敏男は言った。「確かに先輩がついていて下されば、俺としても安心ですよ。でも彼女は、ちょっと変わったところのある子ですから。本当に気をつけて見てやっていてほしいんですよね」
「任せとけって。俺としても、俺にできる限りのことはしてやるつもりでいるんだからさ」

「まあ、先輩はすでに夏代の職を世話して下さったわけだから、それでもう充分なんじゃないかという気がしないこともないんですが」
 酔っ払っているせいだろうか。敏男の言うことはころころと変わる。
「そういうものかな」

 いや、そんなことはない。職の世話をしたくらいでは、とうてい充分だなどと言えないだろう。昇は夏代の暮しそのものを一生の間でも世話してやりたいし、世話させてもらいたいと思っているのだから。そんな昇の気持ちを知ってか知らずにか、敏男がいきなりおかしなことを言い出した。

「先輩、いっそ夏代のことをもらってやってくれるつもりはないんですか」
「何だよ。その、もらってやってくれる、っていうのは」
「先輩が夏代のことをもらてやってくださって面倒を見てくれれば、俺も本当に安心できるんですけどね」
「おいおい。もらうだのなんだの、あまり感心できないな。人のことをそんな、物か何かみたいに言うもんじゃないぜ」

「まあ、あんなじゃじゃ馬みたいな奴の世話を一生おしつけちゃっては、先輩に対してあまりに申し訳ないような気もしますけど。せめてこれが夏代じゃなくて、つぐみとかならまだしもねえ」
 昇の言ったことも敏男の耳には、あまり入っていないようだ。すでにバーボンが三杯目に入っているとあっては、それも無理はないのかもしれない。もともと敏男は決して酒に強い方ではないのだし。
「まあ確かに、つぐみはとてもいい子だよな」

[読者へのお願い]
「人気blogランキング」に参加しています。
 上の文章を読んで「参考になった」とか「面白かった」などと評価してくださる方は、下の行をクリックしてくださると幸いです。
「人気blogランキング」に「幸せになれる恋愛ノウハウ塾」への一票を投じる

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。