So-net無料ブログ作成

人妻に性を学び恋人に適用 [恋愛小説などから学ぶ]

コレット『青い麦』河野万里子・訳 光文社古典新訳文庫

 思春期の息子さんとお母さんとがセックスをすると、いいのではないでしょうか。
 息子さんの側ではセックスのしかたや、女の人の体のしくみを学ぶことができます。
 セックスに興味があって悶々としてしまうのを防ぐことができ、勉強などの「本来、やるべきこと」に集中できるようになります。
 そしてお母さんの側では息子さんと肌を触れあわせることができ、幸せに感じられるでしょう。
 ――当塾の「母子性交のご提案」では、そうご提案させていただいております。

 そう言えば思春期くらいの若者が人妻から性の手ほどきを受ける話は、いくつか欧米で書かれているっけ。
 ――そう私は思ったのですが、その手の作品をいくつも思い出すことはできずにいたのです。
 この手のことは、なかなか調べるのが難しいですし。

 でも光文社古典新訳文庫でコレット Coletteの『青い麦』を読んでいた時のことです。
 同書の「解説」で鹿島茂さんが、次のように書いているのを見つけたのです。

ブルジョワ階級以上の未婚の若い女は、十六、七になるまで女子修道院付属の寄宿学校に「閉じ込められていた」ので、若い男と接する機会はほとんどなかったのです。(中略)ブルジョワ階級以上の若い男にとっては、恋愛対象としては、娼婦、階級が下の娘(お針子など)、人妻しか選択肢がありませんでした。娼婦に恋したのが『椿姫』のアルマンであり、階級が下の娘に恋したのがミュッセの『ミミ・パンソン』のウジェーヌであり、人妻に恋したのが『ゴリオ爺さん』のラスチニャック、『谷間の百合』のフェリックス・ド・ヴァンドネス、『赤と黒』のジュリアン・ソレル、『感情教育』のフレデリック・モローなどだったのです。

 こういう「調べるのが難しい」ことを教えてもらえるのは、ありがたいですね。
 そして当の『青い麦』自体「人妻から性の手ほどきを受けた思春期の若者が、その経験の上に立って自分の本来の恋人と性交する話」なのです。
「思春期の若者」、フィリップ(略称フィル)は16歳。恋人のヴァンカは15歳。
 物語の最初の部分で彼らの関係は、次のように書かれています。

「人妻に性を~」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

勃起不全は滅多にない [真に役立つ恋愛本を]

「利き手の右手の二本の指でペニスをはさみ、亀頭の先っぽには左手の手のひらをあてがいます。そして右手でペニスを振るようにして、亀頭の先っぽが左手の手のひらにこすりつけられるようにするのです」という男性の自慰のやり方が、拙作『より上の悦楽を求めて』の中では「先端摩擦法」と呼ばれています。

 そして同作の登場人物は「先端摩擦法でしたら、なにも勃起が完全である必要はありません。たとえ勃起が完全でないペニスでも先っぽの部分をこすれば、気持ちよく感じることはできますのでね。しかも私の場合はペニスの先っぽの裏側の部分をこすりつづけると、射精に至ることもできるのです」とも語っているのです。
 なお「ペニスの先っぽの裏側」というのは男性が垂直に立ってペニスを水平に、つまり自分の体とは直角に伸ばした場合に下を向く側のことです。

 当塾の「勃起せずに自慰で射精」の頁には、この『より上の悦楽を求めて』の中の一部分が掲載されています。
 するとその頁のコメント欄になおぼんRさんが先日、次のようなご質問を書いてくださいました。なおぼんRさん、どうもありがとうございます。

勃起させずに射精した場合、勢いよく精液が飛びますか?
それともだらっと、垂れるんでしょうか?

 そこで私は当塾の「自慰の射精は飛ばさない」の頁で、なおぼんRさんに対して次のようにお答えさせていただきました。

私は現時点で、このご質問に対する解答を知りません。
 なおぼんRさんに対しては、申し訳ないのですが。
 なぜなら私は自慰で射精をする際、ペニスの先端にティッシュをあてがって精液を受け止めるからです。(引用、ここまで)

 これを読んでくださり「勃起が完全でないまま先端摩擦法での自慰で射精をする際、ペニスの先端にティッシュをあてがうのを一度やめてみればいいのではないか。そして勢いよく精液が飛ぶか、それともだらっと垂れるのか試してみればいいのでは」と思った人もいらっしゃるかもしれませんね。

「勃起不全は~」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

勃起不全だと絶頂感はない [真に役立つ恋愛本を]

「利き手の右手の二本の指でペニスをはさみ、亀頭の先っぽには左手の手のひらをあてがいます。そして右手でペニスを振るようにして、亀頭の先っぽが左手の手のひらにこすりつけられるようにするのです」という男性の自慰のやり方が、拙作『より上の悦楽を求めて』の中では「先端摩擦法」と呼ばれています。

 そして同作の登場人物は「先端摩擦法でしたら、なにも勃起が完全である必要はありません。たとえ勃起が完全でないペニスでも先っぽの部分をこすれば、気持ちよく感じることはできますのでね。しかも私の場合はペニスの先っぽの裏側の部分をこすりつづけると、射精に至ることもできるのです」とも語っているのです。
 なお「ペニスの先っぽの裏側」というのは男性が垂直に立ってペニスを水平に、つまり自分の体とは直角に伸ばした場合に下を向く側のことです。

 当塾の「勃起せずに自慰で射精」の頁には、この『より上の悦楽を求めて』の中の一部分が掲載されています。
 するとその頁のコメント欄になおぼんRさんが先日、次のようなご質問を書いてくださいました。なおぼんRさん、どうもありがとうございます。

勃起させずに射精した場合、勢いよく精液が飛びますか?
それともだらっと、垂れるんでしょうか?

 そこで私は当塾の「自慰の射精は飛ばさない」の頁で、なおぼんRさんに対して次のようにお答えさせていただきました。

私は現時点で、このご質問に対する解答を知りません。
 なおぼんRさんに対しては、申し訳ないのですが。
 なぜなら私は自慰で射精をする際、ペニスの先端にティッシュをあてがって精液を受け止めるからです。(中略)
 自慰で射精をする際に勢いよく精液を飛ばしてしまうと、それを拭きとるのが大変です。
 自慰で射精をする際に精液を勢いよく飛ばす男って漫画などでは描かれますが、実際には滅多にいないのではないでしょうか。(引用、ここまで)

 しかし、なおぼんRさんのご質問に対する解答を推測することはできそうです。

「勃起不全だと~」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

自慰の射精は飛ばさない [真に役立つ恋愛本を]

「利き手の右手の二本の指でペニスをはさみ、亀頭の先っぽには左手の手のひらをあてがいます。そして右手でペニスを振るようにして、亀頭の先っぽが左手の手のひらにこすりつけられるようにするのです」という男性の自慰のやり方が、拙作『より上の悦楽を求めて』の中では「先端摩擦法」と呼ばれています。

 そして同作の登場人物は「先端摩擦法でしたら、なにも勃起が完全である必要はありません。たとえ勃起が完全でないペニスでも先っぽの部分をこすれば、気持ちよく感じることはできますのでね。しかも私の場合はペニスの先っぽの裏側の部分をこすりつづけると、射精に至ることもできるのです」とも語っているのです。
 なお「ペニスの先っぽの裏側」というのは男性が垂直に立ってペニスを水平に、つまり自分の体とは直角に伸ばした場合に下を向く側のことです。

 当塾の「勃起せずに自慰が可能」の頁には、この『より上の悦楽を求めて』の一部分を抽出して掲載しました。
 すると「真性包茎30歳」と名のる方が先日、その頁に「私は完全に勃つことができない完全な勃起不全なのですが、これを読んで勃起しなくても射精できるようになりました」とコメントを書いてくださったのです。真性包茎30歳さん、どうもありがとうございました。

 そこで私は真性包茎30歳さんが書いてくださったコメントに関して、当塾の「勃起せずに自慰で射精」の頁で言及させていただきました。
 するとその頁のコメント欄になおぼんRさんが先日、次のようなご質問を書いてくださったのです。なおぼんRさん、どうもありがとうございました。

勃起させずに射精した場合、勢いよく精液が飛びますか?
それともだらっと、垂れるんでしょうか?

 しかし私は現時点で、このご質問に対する解答を知りません。
 なおぼんRさんに対しては、申し訳ないのですが。
 なぜなら私は自慰で射精をする際、ペニスの先端にティッシュをあてがって精液を受け止めるからです。
 この件に関しては当塾の「自慰での射精の処理」の頁をご参照ください。

「自慰の射精~」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
メッセージを送る