So-net無料ブログ作成
17才の恋話 ブログトップ
前の4件 | -

人気者に好かれた私.5 [17才の恋話]

 自分で作った詩を、自己紹介の代わりにするだなんてねえ。
 どうやら隆君の「首尾一貫」の詩は、F組の皆に強い印象を与えたみたい。
 でもって私がかもめさんたちと一緒に、隆君の詩についての話をしていたらさ。
 かもめさんが満智子先生に頼んで、隆君の詩の写しをとらせてもらってきてくれたの。
 だから私とかもめさんとは、その写しを見ながら隆君の詩について、あれこれ詳しくおしゃべりができたわけ。

 なんと私が驚かされてしまったことに、かもめさんったら「この詩って、ちょっとずるいわよねえ」って言うんだな。
 だもんで私が「えっ、なんで?」って訊いたら、かもめさんはこう言ったの。

「だって『自己紹介の文章を書け』って言われて、この詩を提出したわけでしょう。その詩の中で『ひきょうもの呼ばわりされてもひるまない』だとか『理想の為になら/自身をもささげる』だとか、あるいは『どんな事があっても/弱音を吐かず/もし吐いても/又立ち直る』だなんて書かれていたらさ。それらの部分が読まれるのを聞いている人は、てっきり勘違いして感心させられちゃうというものじゃないの。ひるまずに自身をささげて弱音を吐かないのは、この詩を書いた本人なんだろうってね。ところが最後の最後になって、それらは書き手の『俺』とは違う別の人のことなんだって書かれているわけよ。なんだかすっかり騙されちゃった気がして、ちょっと感じが悪いというものでしょうに。うっかり書き手に対して『偉いなあ』と感心させられてしまっていたのが、実は単なる買いかぶりだったってことになるわけだから」

 だから私は、すっかり驚かされてしまったのよ。
「へえ、そんなふうに感じる人もいるんだな」って、私が全く思いもよらずにいたことを改めて気づかされたような気がして。
 でもってかもめさんに、こう言ってみたんだ。
「だけどそれって決して、聞いている人のことを騙そうとしたわけなんかじゃなくてさ。この詩を書いた人の、なんて言うのかな。照れと言うのか、気恥ずかしさみたいなものの表われなんじゃないかって気がするんだけど」って。

 そしたらかもめさんに「それっていったい、どういうこと?」って訊かれたからさ。
 私は一生懸命に言葉を探して、説明したの。

「人気者に好かれ~」の続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

人気者に好かれた私.4 [17才の恋話]

 だけどやっぱり、なんと言っても男子の話をしなくちゃ。
 高校に入学した時は「素敵な男子がいたら、いいのに」と思って期待しちゃっていたし、「こんな私にも恋人ができてくれたりしたら、いいのにな」とも夢見たりなんかしちゃっていたわけだから。

 実は入学してわりとすぐ、ちょっと面白いことがあったの。
 満智子先生がF組の皆に、自己紹介のための文章を書かせてね。
 その文章を皆の前で読みあげさせて、「クラスメイトのうちの誰それは、いったいどういう人なのか」ってことを皆が知ることができるようにさせたわけ。

 でもって自己紹介って言ったら普通、自分が好きだったり得意だったりすることや、自覚している性格だとか将来の夢なんかを書くものでしょう?
 だから私も、いろいろ考えた末に、やっぱりそういうことを書いたのね。
 たとえば好きな音楽の話だとか、将来は何か言葉に関わる仕事に就きたいと考えているだなんてことなどを。

 そして次々と読み上げられた、他の皆の自己紹介も聞いていたらさ。
 やっぱり他の皆もほとんど、自分の趣味や得意や性格や将来の夢なんかを書いていたのよ。
 ところが中に一人だけ、自分で作った詩を書いて自己紹介の代わりにした男子がいて。
 その詩っていうのは、次のようなものだったの。


首尾一貫

理想を持つ人間は
高い次元で理想を燃す人間は
その理想を貫き通す
その理想において
少しの矛盾もゆるさない
その為に、たとえ
ひきょうもの呼ばわりされてもひるまない
いつか理想を達成することを願って
傷つこうが
ののしられようが
突き進む

「人気者に好かれ~」の続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

人気者に好かれた私.3 [17才の恋話]

 そうそう、それから浅木さんって言えばさ。
 同じクラスで一緒に過ごしている女の子同士だと、たとえまだ親しくはなっていなかったとしても、お互いにすぐそばにまで近寄ることもあったりするわけでしょう。
 私がいるすぐ脇を浅木さんが通ったり、あるいは逆に私の側が浅木さんの横を通りすぎたりすることもしょっちゅうなんだし。

 でもって、そういう時にね。
 ほぼ必ずと言っていいほど、浅木さんの体からとってもいい匂いが漂ってくるの。
 けれどもそれは、決して香水なんかじゃなくて。
 どうやら、そういう匂いのするシャンプーだかリンスだかを使っているみたい。
 あれはいったい、なんていう銘柄のシャンプーやリンスなのかなあ。

 それがあまりにもいい匂いなので、ちょっと憧れちゃうんだけど。
 でも、だからと言って私なんかが真似をしてみても駄目なのでしょうね。
 あれは浅木さんみたいに優雅な見た目の人が使うから、ちゃんと様になるのであってさ。
 私なんかが背のびして同じ匂いを漂わせたりしようものなら、「なにを気どっているんだ」って言われちゃいそうだもの。

 全くもって本当に、浅木さんみたいな見た目に生まれついたら何かにつけても得だわよねえ。
 それに比べて私のような見た目だと、おしゃれをするにも身の程をわきまえなくちゃいけなくて大変。
 せっかく「高校に入ったら、こんな私にも恋人ができてくれたりしないかな」って期待しちゃっていたのにさ。
 なんだか浅木さんと自分のことを見比べてみると、「こりゃ、無理そうだな」としか思えなくなっちゃって気が滅入ってきちゃうのよね。

 すっかり「あんな浅木さんみたいにきれいな人と同じ組になっちゃったのは、不運だったかもしれないな」って思えてきちゃったというものじゃないの。
 もちろん、まだその時点では「それが後に自分にとって、とても切実な問題になってくる」だなどとは思ってもみずにいたわけだけど。

「人気者に好かれ~」の続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

人気者に好かれた私.2 [17才の恋話]

 それからというもの、かもめさんったら私のことを「はいちゃん」って呼ぶようになったの。
 はじめて話しかけられた時に私が「はい」って返事をしたのが、よっぽど面白く思ってもらえたみたいで。
 だもんで私も彼女のことは、決して苗字で「海女さん」とかじゃなく、下の名前の方で「かもめさん」と呼ばせてもらうようになってさ。
 なんだかすっかり、仲よくさせてもらえるようになったのよ。

 おまけにそのかもめさんが、やっぱり同じF組になった近藤さんや曽根さんとも仲よくなったものだから。
 そのおかげで私まで、かもめさんや近藤さんや曽根さんたちの仲間に入れてもらえちゃって。
 いきなり三人もの「仲よし友だち」ができちゃったんだな。
 私みたいな引っ込み思案の女の子が高校に行ってすぐ、そうやって私を含めて皆で四人の「仲よしグループ」に入れてもらえただなんてさ。
 とても幸運なことだった、って言わなくちゃいけないわよね。

 しかも私たち四人のうちの近藤さんは、とってもおしゃべりな性格で。
 そんな彼女と一緒にいると、いつでも明るく楽しい気分でいられるのよね。
 それから曽根さんの方は、とても穏やかで人あたりのいい性格だもんで。
 なんだかまるで「いつでも私たちのことを温かく見守ってくれているお母さんだか、お姉さん」とでも言った感じなんだな。
 おまけにかもめさんまでが、引っ込み思案な私のことを気にかけてくれているものだから。
 そんな皆と一緒にいると、なんだかすっかり守られているみたいな感じで安心できるの。

 そんな私たち四人のことを同じF組の他の皆は、そのうち「近藤グループ」と呼ぶようになって。
 やっぱり近藤さんが一番おしゃべりで、クラスの中でも目立っていたからさ。
 まわりの皆にとっては近藤さんが、私たち四人のグループの代表格に見えていたのかなあ。
 私たち四人の間では「特に誰か一人がリーダーだ」というようなことも、なかったんだけどね。
 逆に四人の中では私だけ、他の三人の皆に気をつかってもらう立場だったという気はしちゃうんだけど。

「人気者に好かれ~」の続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の4件 | - 17才の恋話 ブログトップ
メッセージを送る