So-net無料ブログ作成
20才と31才の恋話 ブログトップ
前の4件 | -

9番目の夢.29 [20才と31才の恋話]

「まいりました。先輩、俺の負けです」敏男は腰をひいて、昇の前で頭を下げてみせた。「俺にはとうてい、そこまで深く夏代のことを愛してなんかやれません。いくら夏代を好きだからって、俺はやっぱり自分のことが可愛いですからね。夏代のことを本当に考えてやってくれているのは先輩だけですよ。夏代を幸せにしてやれる奴なんて先輩しかいないんです」

「そうだろうか」
 力なく、昇がつぶやく。彼はすでに、すっかり敏男に乗せられかけてしまっていたのだ。

「先輩、夏代のことを第一に考えてやって下さい。先輩が夏代にふさわしいかだなんてことは気にせずに、夏代のためだけを思ってやって下さい。夏代は今、とても不安定で、迷ったり悩んだりしているはずです。そして、そんな夏代のことをささえてやれる相手は、この世に先輩ただひとりしかいないんですよ。さっき先輩も言っていたように、夏代のささえになってやって下さい。お願いします」

「そりゃあ俺にできるものなら、そうしたいのはやまやまだが」
「ここまできて何をためらっているんですか。夏代は先輩のことを頼りにしているんです。そんな先輩が夏代のことをささえてやらなくて、他の誰にその役目が務まるというんですか」

「わかった。俺にできるかぎりのことはやるよ」とうとう昇は敏男に説き伏せられてしまった。「でも、いいか。その役目をはたすべきなのは本当にこの俺なのか。それとも他の誰か、たとえば敏男がかわりにその役目をはたすべきなのか。それを決めるのは、この俺じゃない。それは夏代が決めるべきことだ。そうだろう」
「まあ、それは確かにそうですね」
 敏男には逆らうべき言葉もない。

「だから、それは夏代に決めてもらおうぜ」
「夏代に決めてもらうって、いったいどうするつもりなんですか」
「ちかいうち、敏男の気持ちを夏代に話すよ。お前が今でもまだ夏代を好きだっていうことをな」
「えっ、やめてくださいよ。俺のことなんか、どうでもいいんですから」

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

9番目の夢.28 [20才と31才の恋話]

「ただ齢がはなれているというだけのことだったら、確かに敏男の言うとりかもしれないよ。でも夏代は高校生で、俺は夏代の先輩だったわけだから。そんな俺が夏代に言い寄ったりすることなど、できようはずがないじゃないか」
「耳が痛いな。俺も夏代の先輩なのに、あいつがまだ高校生のうちから口説いたりしてましたからね」

「うらやましかったんだぜ」昇は心ここにあらずとでもいうような眼つきをしてみせる。昔のことを思い出し懐かしさにひたっているらしい。「敏男が夏代に言い寄っているのを見て、内心ではとてもね。俺だって、夏代のことを口説きたかった。あいつのことが好きでたまらなかったからな。でも俺にはできなかったのさ。それもそうだろう。まさか俺みたいな齢の男が高校生のことを口説くわけにはいくまい。たとえ夏代は許してくれても、世間が許さないというものだ」

「それじゃあ何だか、ますます俺の立場がないというものでしょう」敏男が口をとがらせた。「そこまで言われたんじゃ、現に夏代のことを口説いた俺はよほどの悪者みたいに思えてくるじゃないですか」
「いいんだよ、敏男は。まだ若いんだから。お前くらいの齢の差なら何も問題はないだろうさ」

「先輩だって、別に何も問題なんかないですよ。そりゃあ、先輩が軽い気持ちで夏代のことをもてあそんだりしたというんだったら、その時は俺だって本気で怒りますけどね。でも先輩は、少なくとも真面目に夏代のことを考えているわけでしょうし」
「俺が真面目だということだけは信じてもらってかまわないだろうな。夏代さえそれでかまわなければ、俺は一生の間でも夏代と一緒に暮したいと思っているわけだから」
「先輩がそこまで本気なら、もう何も悩むことなんかないじゃないですか」

「そうはいかないよ。確かに今の夏代は、もう決して高校生なんかじゃない。でも、まだ二十歳の女の子なんだ。それなりの夢もあるだろうし、やりたいことだってたくさんあるだろう。そんな若い女の子にとって、俺みたいな年くった男は邪魔なさまたげでしかないはずさ。俺は決して、夏代に何かを強いたくはない。俺のため夏代に何かを諦めさせたくはないし、彼女の足手まといになんか死んでもなりたくはない。俺は夏代のことを愛しているし、彼女に何かやりたいことがあるのなら、できるかぎり手助けをしてやりたいとは思うよ。でも俺が夏代にしてやれるのは、そこまでだ。それ以上でしゃばるわけには、いかないだろうな。その時、俺は夏代にとって必ずや邪魔な何ものかでしかなくなってしまうことだろう。そして俺は、それがいやなんだ」

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

9番目の夢.27 [20才と31才の恋話]

「先輩がそこまで夏代のことを考えていてくださるのは、俺としてもありがたいと思います。でも先輩、今日ははっきりと聞かせて下さい」ここぞとばかり敏男は昇につめよった。「正直なところ、先輩は夏代のことをどう思っているんです。先輩にとって、夏代はいったい何なんですか。どうして先輩は夏代のことに、そうまで一生懸命になれるんですか。俺も先輩に自分の気持ちを話したんだから、先輩も本当のことを教えて下さいよ」

 敏男の言葉は、昇の心の奥底のいちばん深い柔らかい所に鋭く切りこんでくる。
「しかたがないな。そうとまで言われちまったんじゃあ」それでもまだ昇は、ぐずぐずとためらいをつづけた。「本人にさえまだ話していないことを他の者に対して先にしゃべっちまうってのは、あんまり好きじゃないんだが」

 このような考え方をするあたりが昇ならではの律義さだと言えるだろう。しかしこの時、彼の腹はすでにおおかた決まりかけていたのだ。これまではあえて抑えつけ続けてきた自らの素直な気持ちを、敏男には話しておいた方がいいだろうと。

「わかった。負けたよ、お前には」ようやくためらいを断ち切って、昇は口をきる。「敏男がそこまで自分の気持ちを話してくれたのに、俺が隠しだてをしてたんじゃ失礼にあたるからな。この際だ、思い切って聞いておいてもらおうじゃないか」

 とは言ったものの、続く言葉をすぐにも口に出してしまうだけの勇気など昇にはあろうはずもない。彼は天井を見あげてひとつ大きくため息をついた。敏男はもはや何も言おうとしないで、昇がふたたび口を切るのを待っている。昇が言うであろう言葉を待ちかまえているかのように。このまま昇が何も言わなかったとしたら、たとえ十分でも一時間でも、いや一生の間でさえ待ちつづけているつもりなのではなかろうか。そんなふうにすら感じられるほどだ。

 やがて昇は、ひとつひとつの言葉を絞りだすようにしながら次のように語りはじめた。
「確かに、俺は夏代のことを愛しているよ」
 たったこれだけを言うだけでも、昇にとってはやっとの思いだったのだ。

 好きだというのでは言いたらない。自らが夏代に対して抱いている深い想いを言いあらわすのに、好きだという言葉だけでは何かがとても言いたりないように思われる。だからこそ昇は、愛しているという言葉を選んだ。それが自らの想いを言いあらわすのに、最もふさわしい言葉だと感じられたからだ。愛という言葉を、夏代に関して昇はこの時はじめて口にしたような気がする。いや、自らが夏代を愛しているということに、このとき昇は改めて自らはっきりと気がついたのかもしれない。

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

9番目の夢.26 [20才と31才の恋話]

「先輩は本当に気がついていないんですか」
「気がついていないのかって、いったい何を」
「いいですか。今の夏代が必要としているのは先輩、あなたなんです。今の夏代に何かをしてやれる奴なんて、先輩しかいないんですよ。残念ながら、決してこの俺ではなしにね」

 敏男の言葉に驚いたのは昇だ。俺が夏代を必要としているというのなら、それは確かにそのとおりだろう。昇にとっては夏代のいない暮しなど、すでに考えることさえ出来ないのだから。だが逆に夏代が俺のことを必要としているだなんて。およそ考えてみたこともなかった。はたしてそれは本当のことなのだろうか。敏男が何か思いちがいをしているのではなかろうか。

「敏男。お前は本当に、そう思っているのか」
 気を取りなおそうと努めながら昇は、かろうじて敏男にそう訊ねる。

「思うも何も、ありませんよ。そんなのは、わかりきったことじゃないですか。夏代は先輩のことを、とても頼りにしています。夏代は何でも俺に話してくれるんだって、いつか先輩も言っていたでしょう」
「確かにな」昇は素直に認めた。「でもそれが、いったい何だって言うんだい。俺はこれまでずっと夏代の相談相手だったし、今でもそうだというだけのことだよ。自分では、なるべく良き相談相手でありたいと願っているけどね」

「先輩も、あいかわらずだなあ」四杯目のバーボンをグラスに注ぎながら敏男が言う。「わかりましたよ。夏代にとって先輩は良き相談相手にすぎなかった。それはまさにそうかもしれません。でもね、先輩。夏代にとって先輩が良き相談相手だったということは、すなわちですよ、とりもなおさず先輩が、夏代に必要とされているということなんじゃないんですか」
「まあ確かに、そういう理屈はなりたつかもしれんな」

「これは理屈なんかじゃありません。先輩、あの年頃の女の子にとって良き相談相手というのが何を意味するか、考えてみてください。あの年頃の女の子は、良き相談相手って奴なしには生きていくことすら出来ないんです。たいていの女の子にとって、その良き相談相手ってのは母親や女友だちだったりするんでしょう。でも御存知のように夏代の場合は、ちょっと事情がかわっていますから。夏代にとっては他ならない先輩が、その役目をはたしているんですよ」

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
前の4件 | - 20才と31才の恋話 ブログトップ
メッセージを送る