So-net無料ブログ作成
読者の皆さんと考える ブログトップ
前の4件 | -

幼児性交の実行は論外 [読者の皆さんと考える]

 なおぼんRさんが当塾の「膣内の精液を吸い出す?」の頁に先日、次のようなコメントを書いてくださいました。なおぼんRさん、どうもありがとうございます。

こんばんは
この記事に関して、最近、法医学の先生から聞いた話題があります。
それは幼児の性的虐待の事例で、大人のペニスで幼児を強姦した事件の話でした。
おぞましいのですが勘弁ください。
4、5歳の女の子に無理やり大人の勃起したペニスを挿入して、それだけでも痛ましいのに、引き抜いた時に減圧になったんでしょうか、内性器が吸い出されて反転、嵌頓状態で損傷したというのです。
アフリカの内戦地帯での事件だったようです。
許せませんね。
こういうの。

 そこで私は当塾の「性交で膣内が真空に?」の頁に、次のように書かせていただきました。

 それくらいの歳の女の子だと体が小さく、とうてい膣に大人のペニスが無事に挿入できるとは思えません。
 そんな小さな女の子を、無理やりに強姦してしまうだなんて――
 その子がどれほど痛く、そして恐ろしく感じるだろうかと考えてみたら――
 そんなことは絶対にあってほしくない、という気がします。

 するとその頁になおぼんRさんが先日、次のようなコメントを書いてくださったのです。なおぼんRさん、どうもありがとうございました。

こんばんは
おそらく、幼女の膣は断面が「H」型に壁がくっつき合って閉じているはずです。
そこにペニスが侵入すると密着していますから気体が入る余地がない。
その状態でペニスを勢いよく引き抜いたら、膣内はかなりの減圧になり、弱い粘膜は裂け、未熟な子宮までも脱臼するだろうと思います。
恐ろしいことです。

「幼児性交~」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

幼児性愛者は誉めるべき? [読者の皆さんと考える]

 なおぼんRさんが当塾の「膣内の精液を吸い出す?」の頁に先日、次のようなコメントを書いてくださいました。なおぼんRさん、どうもありがとうございます。

こんばんは
この記事に関して、最近、法医学の先生から聞いた話題があります。
それは幼児の性的虐待の事例で、大人のペニスで幼児を強姦した事件の話でした。
おぞましいのですが勘弁ください。
4、5歳の女の子に無理やり大人の勃起したペニスを挿入して、それだけでも痛ましいのに、引き抜いた時に減圧になったんでしょうか、内性器が吸い出されて反転、嵌頓状態で損傷したというのです。
アフリカの内戦地帯での事件だったようです。
許せませんね。
こういうの。

 このコメントを読ませていただいた結果、幼児性愛者についていろいろと考えさせられてしまいました。
 世の中には愛や性に関して、多数派とは異なる好みを持っている人たちもいます。
 代表的なのは異性でなく、同性を愛や性交の対象にしている人たちでしょうか。

 同性愛者の人たちであれば、同性でしかも自分と同じように同性愛者の人と気が合えば、その人と愛し合ったり性交をしたりすることができる可能性があります。
 ただし同性愛者の人は少ないので、その中から自分と気が合って愛し合える相手を見つけるのは大変でしょうけど。

 そして「愛や性に関して、多数派とは異なる好みを持っている人たち」に関しても、そのこと自体を非難してしまってはいけないのでしょう。
「異性でなく、同性を愛や性交の対象にしている」からと言って、その人たちのことを非難してしまってはいけないようにです。
 持って生まれた好みなのだとしたら、本人のせいだとは言えないのでしょうし。

 そして、だとするとですよ。
 幼児に対して性欲を抱いてしまう人のことも、そのこと自体は非難してしまってはいけないのではないでしょうか。

「幼児性愛~」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

性交で膣内が真空に? [読者の皆さんと考える]

 Aという男性が、Bという女性と性交したとします。
 その後わりとすぐ、今度は別のCという男性が同じBという女性と性交したとします。
 そのCとBとの性交は、その一つ前のAとの性交でBの膣内に残っていたAの精子をBの膣外に掻き出し、BがAの子供を妊娠しないようにするためという目当てをはらむ。たとえCは、そのことをはっきりと意識していなかったとしても――
 そう唱える人たちが、いるようです。
 私が、そう唱えているわけではないですよ。そういう考え方を唱えている人たちが、世間にいるようなのです。

 しかしCとBとが性交することで、なぜBの膣内に残っているAの精液を掻き出すことができるのでしょうね。
 Cのペニスの亀頭のへりがBの膣の内側をこすることで、Bの膣内に残っているAの精液を掻き出すのだ――
 そういう考えも、あるのでしょう。
 しかしそれとは別に、もう一つ別の説もあるようなのです。
 CのペニスがBの膣から引き出される時に亀頭の先の膣や子宮頸管の内部が真空になるのを避けるため絞りつぶされるようになる結果、そこに残っていた精液も吸い出されるという説です。

 そんな説について私は以前、当塾の「膣内の精液を吸い出す?」の頁でご紹介させていただきました。
 するとその頁になおぼんRさんが先日、次のようなコメントを書いてくださったのです。なおぼんRさん、どうもありがとうございました。

こんばんは
この記事に関して、最近、法医学の先生から聞いた話題があります。
それは幼児の性的虐待の事例で、大人のペニスで幼児を強姦した事件の話でした。
おぞましいのですが勘弁ください。
4、5歳の女の子に無理やり大人の勃起したペニスを挿入して、それだけでも痛ましいのに、引き抜いた時に減圧になったんでしょうか、内性器が吸い出されて反転、嵌頓状態で損傷したというのです。
アフリカの内戦地帯での事件だったようです。
許せませんね。
こういうの。

「性交で膣内が~」の続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ユキコ道の実践者が登場 [読者の皆さんと考える]

「ほっとくとどこかに逃げ」そうな女性に対しては、男性も「逃げ」させずにおこうと努力する傾向が確かに存在します。
 ですからエレン・ファインとシェリー・シュナイダーが書いた『ルールズ』の内容を女性が実践すると、確かに相手の男性がその女性に「『逃げ』させずにおこうと努力する」傾向はあるようです。

 ただし当塾の「男の本音が読める本」の頁でご紹介した城咲仁の『すべての女が幸せになれる!』でも書かれていたように「意識しているにせよ、いないにしろ、女に出会ったとき、男はまずその女が、“遊びの女”か“結婚したい女”か」を区別する傾向があります。
「ほっとくとどこかに逃げ」そうな女性に対して男性が「夢中にな」ったとしても、それが「遊びの女」としてであったら、結婚にまで至るのは困難なわけです。

 ――当塾の「『ルールズ』女は遊ばれる」の頁には、そう書かれています。
 するとその頁に「あき」と名のる方が今日の未明、次のようなコメントを書いてくださいました。あきさん、どうもありがとうございます(引用に際して、途中の空白行は省かせていただきました)。

本当に!
男性は一目会った時から 本気で一生離さない女か
適当にセックス出来る女かを見定めるようですね。
女性側がその点を見極めるのがルールズの良い所だと思います。
ユキコ道はその上を行っていて実践者の私でも辛いです.

 このコメントに出てくる「ユキコ道」というのは、『年収1億の彼』の著者であるDr.ユキコが提唱する「恋愛テクニック」だそうです。
 その概要は「★ホンモノの恋愛の話をしよう★ ~ユキコ道 vol 2」というブログのうち「本書の構成 第1章」と題された頁を見ると、わかりやすいでしょうか。
 その頁には、以下のような「戦術」が箇条書きにされているのです。

「ユキコ道~」の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の4件 | - 読者の皆さんと考える ブログトップ
メッセージを送る