So-net無料ブログ作成
検索選択
16才と27才の恋話 ブログトップ
前の4件 | -

10年ごしのプロポーズ.名場面集2 [16才と27才の恋話]

「その人は、実は生物部の卒業生なんです」ナツヨは何やら、覚悟を決めたらしい口調になった。「いつでも私のことを、とても気にしてくれていましてね。私が何かしでかすたびに、いつも本気で心配してくれるんですよ」
「そりゃあ生物部の卒業生は、気のいい奴らばかりだからな」とりあえずボクは無難に、そう応えておくことにする。「ナツヨたち現役生のことを皆、とても親身に考えてくれているしね」
「だもんで私もその人の、そんな優しさに心を動かされてしまったみたいなんです。いつだったか私は、ゴトウ先輩に話しましたよね。私は子供だった頃から、うちの親と折り合いが悪かったって。友だちや学校の先生なんかとも、あまりなじめずにいましたし。そんなところへ優しく接してくれる人が現われ、ついつい嬉しくなってしまったらしいんですよ。本当ならば決して、私が好きになってはいけない人だと思うのですが」
10年ごしのプロポーズ.26-2より)

「だけどその時、私の頭の中に浮かんできたんだよ。前の年の秋、自分の生い立ちを私に話してくれた時のナツヨの顔がさ」私はもう一度、その時のことを思い出しながら言った。「それから、ユウサクさんへの片思いについてナツヨが打ち明けてくれた時のこともね。さらにはこの年の四月十六日、トシオとの交際について電話で私に相談を持ちかけてきた時のこともだ」
「それまでナツヨさんとの間にあった、印象深い場面の記憶がよみがえってきたのね」
「そして私は、思い出したんだよ。そんな心の結びつきが私にとって、どれほど嬉しいものだったのかということをね。そうやってナツヨが私のことを信じて、そんな個人的なことまで話したり相談してきたりしてきてくれたことがさ」
「前にもショウは、言っていたものね。そこまでショウのことを頼りにしてくれた後輩は、さすがにナツヨさんが初めてだったって」
「だから私は、思ったんだよ。そんなナツヨのことを自分は決して、見捨てたりなどできやしないって。たとえそのために、もう二度と生物部へ顔を出せなくなるとしてもね。あるいはミサトと自分の間をつないでいる絆が、いくらか弱まってしまうのだとしてもさ」
「それまでの十年間、ずっと大事にしてきたものを捨てる覚悟をしたわけか」マミは大きく一つ、ため息をつく。「それって何だか、凄い決心だったんじゃないかって気がするんだけどな」
10年ごしのプロポーズ.31-7より)

名場面集の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

10年ごしのプロポーズ.名場面集1 [16才と27才の恋話]

「ナツヨは合宿の翌日の夜、単車で帰っていったじゃないか」私は説明することにした。「でも家へ帰る途中で、事故を起こしたそうなんだよ。しかも道ばたに停まっていた車に、自分の側からぶつかっていってね」
「どうして、そんな」
 マミは、いぶかしそうに首を傾げる。
「ナツヨは元々、目が悪いんだ。視力は両目とも、〇・一を下回っていてさ」私は説明を続けた。「なのにあの夜、ナツヨは眼鏡をかけずに単車を運転していたそうでね。しかもあの時は雨が降りだしていて、視界も悪かったしな。だから停まっていた車に気づかず、ぶつかってしまったらしいんだよ」
10年ごしのプロポーズ.2-3より)

「うん、実はさ」ミサトに促されてボクは、最後のためらいを振り捨てるようにして言った。「ミサトにはまだしばらくの間、誰とも結婚しないでいてほしいんだよ」
「えっ、なんで」どうやらミサトは、驚いたらしい。「それはいったい、どういうこと」
「できればなるべく近い将来、ボクがミサトに結婚の申し込みをさせてほしいと思っているからさ。それまでの間、他の人とは結婚してしまわずにいてほしいんだ」
「そんな、そんなこと急に言われても」
「ボクはミサトのことが、好きなんだ」ボクは思わず、心の中をさらけだしてしまう。「ずっと前から、そうだった。愛している、と言ってもいいと思う。そして最近、ボクは思っているんだよ。ようやくボクはミサトにふさわしいくらい、自分を成長させてくることができたんじゃないかって。もしかするとこれって、ただのうぬぼれでしかないのかもしれないけどさ。おまけに、そうなるまでにあまりにも長い年月がかかりすぎたという気もするし」
10年ごしのプロポーズ.13-1より)

「兄だけでなく私も一応、ピアノのお稽古に何度か通いはしたんですよ」ボクの感慨にはかまわず、ナツヨは話を続ける。「でも、すぐにやめさせられてしまいました。『この子は、あまり筋がよくない』って先生に言われちゃったもので。うまくなる見込みもない者にお金をかけるのは無駄だと、うちの親たちは思ったんじゃないのかな。ひどいんですよ、うちの親ったら。それ以来というもの私には、ピアノにさわらせてすらくれなくなっちゃいましてね。『そのピアノはお兄ちゃんのです、汚い手でいたずらするんじゃありません』とか言って。くやしかったですね、やっぱり。だから時おり私の他には家の中に、誰もいなくなることがあるとするでしょう。そういう時には思いきり、ピアノを弾きまくってやったんです。とは言ってもちゃんとした弾き方なんか誰からも教わっていないから、全くの自己流でしかなかったんですが」
10年ごしのプロポーズ.17-2より)

名場面集の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

迷い鳥.7 [16才と27才の恋話]

「馬鹿だなあ、いったい何度まで言わせようというつもりだよ。僕が夏代に対して本気で腹を立てたり、ましてや夏代のことを嫌いになったりするはずがないんだって。もしも今、仮にだぜ。仮に夏代が誰か人を殺してしまったとしても、僕は決して夏代のことを見捨てたりする気にはなれないだろうな。むしろ夏代の罪を我がこととして受けとめ、それを夏代と一緒に償っていきたいと願うはずなんじゃないかい。だから夏代、もしもさあ。もしも夏代が何か決して下ろしてしまうことのできそうにない重荷を、心に担っているんだとしたならの話だけれど。その重みに一人だけで耐えようとなんかしたりせず、僕にも半分わけあたえてはもらえないものだろうか。その重荷を僕は夏代とともに、二人で分かちあいたいんだから」

「センパイ、どうもありがとうね。こんな私なんかのために、そうとまで言ってもらっちゃったりなんかして」そう礼を言う夏代の声が、心なしかかすかに震えている。外灯の光に照らしだされうるんで見える大きな目もとには、どうやら涙をためてもいるらしい。「でも私、やっぱり駄目みたい。そりゃあ私に対してセンパイが、そう言ってくれる気持ちは確かに嬉しくないわけじゃないわ。だけどそれだけに私には、とても怖くてしかたがないのよ。もしも私が本当のことを話したりしたら、いくら何でもセンパイに愛想をつかされしまうんじゃないかと思えて。そしてセンパイに見はなされてしまったりしようものなら私、もう他に頼ることのできる人なんて一人もいないんだもの」

「そういうことだったら、なおさら話してもらわなくっちゃ。僕は夏代に頼ってもらって、その力になりたいんだからさ。たとえ全世界を敵に回してしまって他には一人も仲間がいなくなろうと、僕はいつまでも夏代の味方でいたいんだ。それに夏代はさっき、言っていたじゃないか。他の人の身にまで及ぶようなことを何か、しでかしてしまったんだって。だとすればそれに対しては何らかの形で、償いをつけなければならないと夏代も考えているわけだろう。だけどそれって、一人でもできるようなことなのかい。もしも夏代ひとりの手には余るようなら、ぜひとも僕に手伝いをさせてもらいたいな。そしてそのためには先ず何があったのか話してもらわなくっちゃ、僕にだって手の貸しようがないっていうものだろうぜ」

「そうね、確かに全くセンパイの言うとおりなのかも知れない。おそらく私、自分がセンパイに見捨てられてしまうことを怖れたりなんかしていてはけないんだわ」北山が話した科白のうちの何かが、夏代の心に一石を投じたのだろうか。それまでとは打ってかわった顔つきと、畳みかけるかのような口ぶりで夏代は言葉を続けていった。まるで間をおかずに言葉をまくしたてることで、自らの心を奮い立たせようとでもしているかのような勢いだ。「だってそんなのは私の我がままに過ぎないんだし、そんなことを怖れたりする資格なんて今の私にはあろうはずがないんだもの。そんな、センパイに嫌われたくないだなんて自分の勝手な都合にとらわれるのは止めてしまわなくっちゃ。そしてもっと、他の人に対する責任というものがあるのだということを考えないと」

恋話の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

迷い鳥.6 [16才と27才の恋話]

「けなされているのか誉められているのか、わからないような言い方じゃない。いいえ、やっぱりけなされていることになるわけか。でもこれじゃあ何だか喜んでいいのか怒るべきなのか、さっぱり見当もつかないわ。こんな私のことを好きでいてくれるっていうセンパイの気持ちに対しては、むしろお礼を言わなければならないのかも知れないけどね。それも私の気ままや我がままを少しも叱ったりなんかせず、ありのまま受けいれてくれているってことに対しては」

「まあ確かに僕は夏代に対して本気で腹をたてたりなんか、とうていできそうにないからなあ。たとえ夏代が何をしでかそうとも、そうせずにいられなかった夏代の気持ちがまるで我がことか何かのように身にしみてわかる感じでさ。これまで夏代が育ってきた生いたちだとか、あるいは家の人との間の話なんかを聞かせてもらって知っているだけにね。どうしても咎めだてができずに、ついつい許してしまおうという気になるんだよ。こういうのはむしろただの甘やかしに過ぎず、かえって夏代のためにはならないんじゃないかと川木あたりには言われてしまうのかも知れないけれど」

「でも、そう言ってくれる人がいるというだけでも私は救われる気がするわ。私のまわりにいる他の人たちって皆、こちらの言い分を聞こうともせず頭ごなしに叱りつけてくるだけなんだもの。そういう人たちばかりだと私だって、逆らってやろうじゃないのと意地をはらずにいられないんだけどさあ。一人でもセンパイみたいな人がいると、もっと素直になって期待に応えなくっちゃという気になれるのよ。ああ、この人は私のことをわかってくれているから裏切ってしまうわけにはいかないって思って」

「夏代にそう言ってもらえると、僕も嬉しい気がするな。何だか僕の生き方が決して間違ってなんかいなかったんだって、お墨つきをもらえたみたいでさ。こういうのってもしかするとただ単に、お互い相手の傷をなめあっているだけなのかも知れないけれど。でも傷のなめあいなら傷のなめあいで、それでもいいんじゃないかという気がしているんだよ。少なくとも僕にはひとり夏代という、互いに傷をなめあえる仲間がいるということになるわけだから。自分のことばかりにかまけてしまって、身近な誰かの傷をなめて癒してあげることさえできずにいるような世の中の多くの人たちとは違ってね」

「センパイと出会えて私、本当によかったな。センパイのこと知らなかったら私って、いったいどうなっていたか自分でもわからない気がするもの。すっかり世をすねて、ひねくれちゃっていたことだろうし。あっ、いっけない。今でも充分ひねくれているじゃないかって責められたら、何も言いかえせそうにないわね」

恋話の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の4件 | - 16才と27才の恋話 ブログトップ
メッセージを送る