So-net無料ブログ作成

9番目の夢.15 [20才と31才の恋話]

 かくして再び真夜中に昇の部屋の電話が鳴りひびくことなる。
「あ、センパイですか。いつもいつも遅くにすみません」
 しかし今夜の電話の声には、いつもの夏代のあの陽だまりを思わせるようなぬくもりがない。それはまるで気持ちを無理矢理おし殺したかのように枯れはてていた。いうまでもなくこれは、とても悪い兆しだ。

「おう、夏代。そんなことより、いったいどうなった」
「ええ。おばあちゃん、今日の夕方に死んじゃいました」

「そうか」あらかじめそんなことだろうと、電話が鳴った時すでに予想がついていたようなものだとはいえ。それでもやはり人が死んだという知らせが持つ重みは暗く救いようがない。たとえそれが昇みづからにとっては一度も会ったことのない相手だったとしてもだ。夏代はおばあちゃんっ子だったのだという。そして夏代にとっての大事な人は、夏代のことが気にかかってならない昇にとってもやはり大事な人に他ならないのだから。「何て言ったらいいのか、今はもう何も言葉が出てこないよ。とにかく、夏代も気をおとさないようにな。って言っても、とうてい無理な話だろうとは思うけどさ」

「ありがとうございます。で、やっぱり明日の朝はやく帯広まで出かけることになりました。というわけで会社の方、どうかよろしく」
「わかった。社長には僕から、うまく言っておくよ」

「アルバイトに雇ってもらってすぐお休みをとるのは私としても申し訳ないんですが。二、三日で帰ってこれると思いますので」
「何をつまらないことを気に病んでいるんだ。仕事の方は大丈夫だから、そんなことは気にしないで、ゆっくりしておいで。まあ、こういうものは、ゆっくりしてくるとかいうものではないかも知れないけれど」

「じゃあセンパイ。いつ帰ってこれるかとか、わかり次第またお電話しますから」
「ああ。夏代、しっかりな。元気をだせよ」
「はい」

 そう答えた夏代の声には、あいかわらず力がない。かといって、とても落ちこんだり悲しがったりしているという声でもない。そこにはおよそ感情というものが全く感じられなかった。このままでは、まずいぞ。悲しい時には悲しいなりに、その想いを素直に外へと出してしまわなければ。そうしないと悲しさが心のなかに積ってこりかたまり、二度と決してほころぶことがなくなってしまうのだ。

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
メッセージを送る