So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

9番目の夢.17 [20才と31才の恋話]

 昇はこれで、わりと人見知りが激しい方だ。少なくとも見知らぬ相手に自ら進んで話しかけたり、知り合いになったりしようとする方ではない。人とかかわりあいになるのを出来るかぎり避けようとする方だ。他の人からの助けに頼ることなく、なるべく自らひとりの力だけで生きていこうとするたちだ。

 そんな昇が、夏代に対する時だけは少し様子がちがっている。相手が夏代なら昇も、決して自らの殻に閉じこもってしまうことなく、何でも話すことができるような気がした。夏代とだけは決してけんか別れをしたりすることなく、いつまでもずっとつきあいつづけていくことが出来るような気がしていた。だからこそ昇は、そんな夏代のことを大事にしつづけていたかったのだ。決して夏代を手ばなしてしまいたくなどなかったのだ。

 夏代に帰ってきてほしい。決してこのまま北海道に住みついてしまったりすることなく、もういちど元気な顔を見せてほしい。毎日でも夏代に会っていたい。いつまでも変わることなくずっと、自らのそばにいて欲しい。

 夏代に会えない日々がこれ以上つづいたら、どうにかなってしまいそうな気がする。気が狂うとまでは言わずとも、いらだちが募って、日々の仕事や暮しをやりすごしていくことが手につかなくなりそうに思われる。ほんの半月ほど前まで、ほとんど夏代に会わない日々をすごしていたことが、今となってはとても信じられない。あの頃はいったいどうやって、毎日をやりすごしていたのだろう。何を生きがいにし、何を愉しみに日々をおくっていたというのだろう。夏代と会うことは昇にとってもはや、それなしには生きていくことすら出来ない何かとなりつつあった。夏代のいない暮しなど、僕にはもう二度と耐えることができないのではなかろうか。

 会社の自らの席に座って、そんなふうに昇がとりとめもなく考えごとにふけっていた、ちょうどその時。電話の呼出し音が何度もくりかえし鳴りひびくのを聞いて、昇はようやく我にかえる。

「はい、お待たせしました。二階です」
「センパイ、私。夏代です」
 その声は天から響く雷鳴ででもあるかのように、昇の心を揺さぶり打った。

「おお、夏代か。今どこにいるんだ」
 それまですっかり何も感じることができそうになくなっていた昇の心を、いきなり心地よい春の風が吹き抜けていく。
「今さっき羽田についたところ」

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

9番目の夢.16 [20才と31才の恋話]

「おい、いったいどうしたというんだ。こんなつまらない間違いをするだなんて、いつもの君らしくもないじゃないか」
「すみません」
「こんなことはあまり言いたくないんだが、このところ君は少しどうかしているんじゃないか。気がたるんでいて仕事に身がはいっていないって、社内でももっぱらの噂だぜ」

 そう言われると確かに思いあたるふしがないでもない。夏代と一緒に働きはじめてからというもの、会社での昇はいつも浮わついた気持ちでいたからだ。ひさしぶりに聞く社長の叱言が昇の耳には痛かった。

「うちの会社としては君のことを頼りにしているし、信じてもいるからこそ仕事をまかせて、君のやりたいようにやってもらっているんだ。どうかそんな我々の気持ちを裏切らないようにしてくれよ」
「はい。どうもすみませんでした」
 社長室を出て昇は自らの席へと戻る。だが、隣の席に夏代の姿はない。何もおかれていないその机にちらりと目をやって、昇は力のないため息をついた。

 祖母の葬式へ出るために夏代が帯広へと発って、今日でもう四日目になる。夏代が昇と一緒に働きはじめてから、まだ半月ほどにしかならないというにもかかわらず。すなわちわずか半月ほど前この会社には夏代などいないのが、むしろ当たり前だったというにもかかわらず。今の昇にとっては夏代のいないこの会社など、もはや考えることすらできない。夏代のいないこの会社は、何もかもがちぐはぐなように思われた。それはまるで編み物の編み目を数えまちがえた時のような気持ちだ。このまま先へ進んでも、何かがきっとうまくいかない。かといって、全くはじめに戻って一からやりなおすのも面倒くさい。

 昇にとって、今のこの思いには覚えがある。それはかっても度々あじわったことがあるはずの思いだった。
 他でもない。それはやはり夏代が北海道へと旅をしている間に、昇がいつも強いられていた思いだ。

 夏代は北海道で生まれている。そのため北海道に対しては、故郷としての思い入れがとりわけ深いようだ。親戚やなんかも皆、わりと北海道にかたまっているらしい。
 そんな夏代は、今でもしばしば北海道へと旅に出かけるのがならわしとなっていた。主に夏休みや春休みなど、高校や大学の長い休みのおりなどに。

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

9番目の夢.15 [20才と31才の恋話]

 かくして再び真夜中に昇の部屋の電話が鳴りひびくことなる。
「あ、センパイですか。いつもいつも遅くにすみません」
 しかし今夜の電話の声には、いつもの夏代のあの陽だまりを思わせるようなぬくもりがない。それはまるで気持ちを無理矢理おし殺したかのように枯れはてていた。いうまでもなくこれは、とても悪い兆しだ。

「おう、夏代。そんなことより、いったいどうなった」
「ええ。おばあちゃん、今日の夕方に死んじゃいました」

「そうか」あらかじめそんなことだろうと、電話が鳴った時すでに予想がついていたようなものだとはいえ。それでもやはり人が死んだという知らせが持つ重みは暗く救いようがない。たとえそれが昇みづからにとっては一度も会ったことのない相手だったとしてもだ。夏代はおばあちゃんっ子だったのだという。そして夏代にとっての大事な人は、夏代のことが気にかかってならない昇にとってもやはり大事な人に他ならないのだから。「何て言ったらいいのか、今はもう何も言葉が出てこないよ。とにかく、夏代も気をおとさないようにな。って言っても、とうてい無理な話だろうとは思うけどさ」

「ありがとうございます。で、やっぱり明日の朝はやく帯広まで出かけることになりました。というわけで会社の方、どうかよろしく」
「わかった。社長には僕から、うまく言っておくよ」

「アルバイトに雇ってもらってすぐお休みをとるのは私としても申し訳ないんですが。二、三日で帰ってこれると思いますので」
「何をつまらないことを気に病んでいるんだ。仕事の方は大丈夫だから、そんなことは気にしないで、ゆっくりしておいで。まあ、こういうものは、ゆっくりしてくるとかいうものではないかも知れないけれど」

「じゃあセンパイ。いつ帰ってこれるかとか、わかり次第またお電話しますから」
「ああ。夏代、しっかりな。元気をだせよ」
「はい」

 そう答えた夏代の声には、あいかわらず力がない。かといって、とても落ちこんだり悲しがったりしているという声でもない。そこにはおよそ感情というものが全く感じられなかった。このままでは、まずいぞ。悲しい時には悲しいなりに、その想いを素直に外へと出してしまわなければ。そうしないと悲しさが心のなかに積ってこりかたまり、二度と決してほころぶことがなくなってしまうのだ。

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ
メッセージを送る