So-net無料ブログ作成
検索選択

9番目の夢.7 [20才と31才の恋話]

 それからというもの。毎日はたらきながら、たまに休みの土曜日や日曜日など、夏代が通っている高校へ顔を出したり、あるいは野や山で、夏代と顔をあわせる日々が続いた。働いて金を稼ぐということは、何であれ決して楽なことではない。時にはいやな思いを強いられることもあるし、すべてを投げ出してしまいたくなることさえある。そんな時。夏代に会って話をするのが昇にとっては数すくない愉しみであり、気晴らしでもあった。夏代と顔をあわせていると、何だかとても心が休まるような気がする。嫌なことや世のなかのしがらみを、たとえひとときでも忘れることができる。今はただ何も考えず、この夏代との語らいを愉しんでいていいのだという気にさせてくれる。自らがこれまで生きてきた道のりはすべて正しかったのだと思わせてくれる。実際には寄り道と間違いだらけだったはずの道のりを。

 そのうちに昇と夏代とは、お互いに気づくこととなった。齢の違いにもかかわらず、ふたりはお互いものの考え方が、わりに似通っているということを。同じ好みや同じこだわりを抱えこんで生きているということを。見た目にはかなり遠く隔たっているように思われるお互いの生き方に、実はけっこう相通じるところがあるということを。そして何よりも、ふたりが同じ夢を持っているということを。
 昇と夏代のふたりはいづれも、いつかは文章を書くことで身を立てたいと考えていたのだ。

「えっ。センパイって、小説も書いていたんですか」
「小説ったって、ただの習作だよ。別に活字になったとかいうわけじゃないし、それどころか誰かに読んでもらったことさえ、まだ一度もないんだ。それより夏代。小説も、っていうのは一体どういう意味だい」

「だってセンパイは手紙も書くじゃあないですか」
「手紙ねえ。でも夏代。手紙なんてのは、誰でも書くものなんじゃないのかい」
「センパイの書かれる手紙を、そこらにある普通の手紙と一緒にしてほしくはないですね。センパイの書く手紙は、とってもとっても特別なんです。こないだ私がもらったお手紙だって、そうですよ。読ませていただいて思わず感動しちゃいました。あんな美しい文章の手紙を誰かからもらったのなんて、少なくとも私にとっては生まれてはじめてのことでしたから」
「まあ、そこまで言ってもらえれば書いた方としても嬉しいけどね」

「9番目の夢」の続きを読む


メッセージを送る