So-net無料ブログ作成

9番目の夢.4 [20才と31才の恋話]

「大丈夫かしら、いきなり面接を受けたりして。全くそんなつもりじゃなかったから何も心の準備が出来ていないし、だいいち私お化粧だってしてないというのに」
「大丈夫、大丈夫。夏代はまだ若いんだからさ。素顔のまま、そのままで充分きれいだよ。それに社長とは、わりに仲がいいんだ。僕のことを目にかけてくださっていてね。僕がこれまでに口を聞いた他のアルバイトに関しても、気に入ってもらっていたみたいだしな。僕の紹介なら文句なしに採用してもらえるだろう」
「そこまで言われて採用してもらえなかったら、私はまるで立場がないわよね」
「ものごとをそう悲観的に考えるなって。今コーヒーをいれてきてやるからさ」
「あ、すみません」

 夏代のためにコーヒーを沸しながら、昇は考えた。それにしても夏代の奴、全くおちこんだようすがない。親から勘当されたというから、少しはしょげているかと気づかっていたというのに。むしろ今みづからがおかれている状況を楽しんでいるかのようにすら見える。本当にしょうのない奴だ。なるほど、夏代の親もそんな彼女のありさまに、いいかげん愛想をつかして勘当などという大げさな仕打ちにおよんだものなのだろう。その気持ちは昇にも少しだけわかるような気がしないこともない。もちろん僕が夏代の親だったなら、そんな彼女のことを決して勘当したりなどせず、むしろ激しく抱きしめてやるのだが。

「夏代、履歴書はもう書けたのかい。ようし。じゃあそれを持って、三階について来ておくれ。社長に会ってもらうから。社長に夏代を引きあわせたら僕は自分の席に戻って仕事をしているからさ。面接がおわったら、また二階にきてくれな」

 夏代が昇の席に戻って来たのは、社長による面接がはじまってからまだ十分たったかたたないかという頃だった。
「あれ。どうした。面接してもらえなかったのか」
「いいえ。もう終わったのよ」
「へえ。早いな。で、どうだった」
「ええ。さっそく明日から来てくれって。とてもあっさり決まったもんで、何だか気がぬけちゃった」

「そうか。でも、まあ決まってよかった。ところで仕事は何をしてもらうことになるか、聞いたかい」
「とりあえず二階でセンパイの仕事のお手伝いをしてくれって言われたわ」
「何だ、それじゃあ夏代は俺の部下だっていうことじゃないか。そりゃあいいや。全く知らない人の仕事をするよりも、気心がしれているだけ夏代も気が楽だろう」
「センパイのお手伝いなら慣れてるしね」
「ああ。そういえば昔、よく原稿の清書やなんかの仕事を頼んだことがあったっけ」

「9番目の夢」の続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
メッセージを送る