So-net無料ブログ作成

母子性交の効果を羅列 [母子性交のご提案]

 思春期の息子さんとお母さんとがセックスをすると、いいのではないでしょうか。
 ――当塾の「母子性交のご提案」では、そうご提案させていただいております。
 思春期の息子さんとお母さんとがセックスをすると、いろいろな効果が期待できるからです。

 思春期にさしかかった男の子たちは、次に掲げるような危険に直面する可能性が考えられます。
  1. セックスへの興味で悶々として、勉強などが手につかなくなる
  2. セックスについて、ポルノなどで間違った知識を覚えてしまう
  3. セックスへの興味が原因で、性犯罪に走ってしまう
  4. 愛していないのに、セックスさせてくれそうな女の子とつきあってしまう
  5. 恋人ができた場合に、その相手とのセックスにおぼれてしまう

 しかし思春期の息子さんに対してセックスのしかたや女の人の体のしくみをお母さんが実際にセックスしながら教えてあげれば、これらの危険を回避できる可能性があるわけです。
 上記の各項目に関するご説明が、「1 男の子が直面する危険.3」の頁に書かれています。そちらも併せてご参照ください。

 しかも思春期の息子さんに対してセックスのしかたや女の人の体のしくみをお母さんが実際にセックスしながら教えてあげれば、さらに下記のような効果も生じると期待できます。
  1. 初体験への不安を解消できる
  2. 性交で相手を気持ちよくさせてあげられるようになる
  3. 性交の際にリードしてあげられるようになる
  4. 自信がついて女性にモテるようになる
  5. 母への恩返しができる
  6. 母との間で究極の親子愛を築くことができる

 これらの各項目に関しても「3 母子性交の息子への影響.3」~「3 母子性交の息子への影響.5」の3つの頁でご説明させていただいております。そちらも併せてご参照ください。

 かたやお母さんの側では、思春期の息子さんと肌を触れあわせることができて幸せに感じられるでしょう。
 しかもお母さんが息子さんとセックスをすれば、お母さんとお父さんの関係に対しても以下のような効果が生じる可能性があります。

「母子性交~」の続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

母子性交を「当たり前」に [母子性交のご提案]

 思春期の息子さんとお母さんとがセックスをすると、いいのではないでしょうか。
 息子さんの側ではセックスのしかたや、女の人の体のしくみを学ぶことができます。
 セックスに興味があって悶々としてしまうのを防ぐことができ、勉強などの「本来、やるべきこと」に集中できるようになります。
 そしてお母さんの側では息子さんと肌を触れあわせることができ、幸せに感じられるでしょう。

 ――当塾の「母子性交のご提案」では、そうご提案させていただいてきました。
 これに対して、同意や賛成のご意見をお寄せくださった人もいます。
 たとえばなおぼんさんは母子性交に関して当塾のコメント欄に「母親が愛息に施せる究極の愛ですよ」ですとか「育ててくれた母への恩返し」などと書いてくださいました。なおぼんさん、どうもありがとうございます(この件に関しては当塾の「母子性交は双方にメリット」の頁をご参照ください)。

 でもしかし、ここでもう一つ、ぜひとも考えてみていただきたいことがあります。
 それは「世のお母さんがたにとって、はたして照れたり恥ずかしがったりせずに言うことができるのかどうか」という問題です。
 ご自分の息子さんに対して「あなたにセックスのしかたを学んでもらうため、今から私とセックスしましょう」と言うことがですね。
 おそらく「そんなこと、とてもできそうにない」と思ってしまうお母さんがたも多いのではないでしょうか。

 今から私と、セックスしましょう。セックスのやりかただとか女の人の体のしくみについて、実際のセックスをしてみることで学んでおいてほしいから――
 ご自分の息子さんに対してお母さんが、そう言ってみたとしましょう。

 でもその時に息子さんから、にべもなく断られてしまったとしたら――
 さらにはそういうことを言い出したお母さんに対して息子さんの側が、まるで蔑むような顔つきや態度を見せたとしたら――
 おそらくお母さんの側としては、とてもばつが悪く感じてしまうことでしょう。
 それはお母さんの側にとっては、ぜひとも避けたいことですよね。

 だから私は、考えたのです。
 世のお母さんたちがご自分の息子さんに対して、そんな恥ずかしい思いをしないでも済むようにするためには、どうすればいいのかと。
 でもって私は、思いついたのです。
「思春期の男の子に対してはお母さんが性実習を行なうのが、わりと普通で当たり前のことだ」という風潮が世間に確立されたらいいのではないかと。

「母子性交~」の続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

母子性交は双方にメリット [母子性交のご提案]

 思春期の息子さんとお母さんとがセックスをすると、いいのではないでしょうか。
 息子さんの側ではセックスのしかたや、女の人の体のしくみを学ぶことができます。
 セックスに興味があって悶々としてしまうのを防ぐことができ、勉強などの「本来、やるべきこと」に集中できるようになります。
 そしてお母さんの側では息子さんと肌を触れあわせることができ、幸せに感じられるでしょう。(以下略)

 ――当塾の「母子性交のご提案を掲載」の頁に私は、そう書かせていただきました。
 そしてその後、「母子性交のご提案」を当塾に連載させていただいてきたのです。
 すると連載中の各頁に何度か、なおぼんさんがコメントを書いてくださいました。なおぼんさん、どうもありがとうございます。
 そこで私は、なおぼんさんが書いてくださったコメントに関して下記の各頁で言及させていただきました。

 さらに、先日。
 当塾の「3 母子性交の息子への影響.5」の頁にも、なおぼんさんが以下のようなコメントを書いてくださいました。なおぼんさん、重ね重ねどうもありがとうございます。

育ててくれた母への恩返しに母子相姦があってもいいと思います。
ものすごくいい関係だと思うんです。
異常でしょうか?
そんなことないと思うのです。

 なおぼんさんが当塾の「2 母が息子に性実習を.3」の頁に書いてくださったコメントの中には、母子性交に関して「母親が愛息に施せる究極の愛ですよ」という一行があります。
 そして「3 母子性交の息子への影響.5」の頁に書いてくださったコメントの中には、「育ててくれた母への恩返しに母子相姦があってもいいと思います」という一行があるわけです。
 つまり母子性交は、母親の側からすれば「愛息に施せる究極の愛」であると同時に、息子の側からすれば「育ててくれた母への恩返し」になりうるというわけですね。

「母子性交~」の続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

3 母子性交の息子への影響.5 [母子性交のご提案]

 これまで実の母親と息子が性交するのは近親相姦と言われ、激しくタブー視されてきました。
 しかしセックスに関することのうち、何がタブーとされ非難の対象と見なされるのか―――
 それは時代や世の中の移り変わりに伴って、その時々で異なってくることも多いのです。

 たとえば結婚を前提としないセックスも、かつては非難の対象とされていた時期がありましたよね。
 セックスは必ず、お互いに結婚している夫婦の間でだけ行なわれるべきだとされていた時代や地域があったわけです。
 もしもまだ結婚していない恋人たち同士がセックスをしたことがわかったら、ましてやそのセックスによって女性の側が妊娠したら、その二人は必ず結婚するべきだとされていたりもしました。
 日本でも二十世紀の半ばくらいまでは、そういう考えかたをする人たちが多かったのです。
 そして今でも信仰している宗教の影響などにより、そういう考えかたをしている人が多い国や地域もあるようです。

 でもしかし、今では避妊具や避妊薬の性能が進歩しました。
 そのせいもあってか今や日本を含む先進諸国では、結婚を前提としないセックスを必ずしもタブーだとはしない人たちが多いようです。
 結婚を前提とせずにセックスをしても、きちんと避妊をした上でのことであれば必ずしも非難はされない場合が増えたのです。

 きちんと避妊をした上であれば、むしろ結婚を前提としないセックスを積極的に行なうべきだと唱える人たちさえいるようです。
 結婚する前にはセックスのしかたや異性の体について学ぶため、なるべく多くの相手とセックスをしてみるべきだと言うのです。
 そしてそれらの知識を踏まえ、セックスの面でも自分と本当に相性がいい相手を選んで結婚するべきだと言うのです。
 その方が結婚した後、セックスの面でも相性がよくて二人とも幸せになれる可能性が高まるというわけですね。
 結婚を前提としないセックスが非難の対象とされる地域や時代と比べたら、なんと大きな違いでしょうか。

「母子性交~」の続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
メッセージを送る