So-net無料ブログ作成
検索選択

恋愛エッセイ小説を考案.4 役立つ恋話を [塾頭の経歴]

 女性の作者の手になる恋愛物語は、主として女性の読者に読まれます。
 一方で男性の読者が恋愛物語を読む場合、男性の作者による作品が選ばれる傾向があります。
 これらの場合、書き手と読者の性別が一致しているわけです。
 多くの場合は主人公の性別も、書き手や読者のそれと一致しています(男性同士の同性愛を描いた作品を好んで読んだり書いたりする女性がいるというように、若干の例外はありますが)。

 そして恋愛物語において、主人公にとっての恋愛や結婚の対象となる相手役は「主人公や読者や作者にとって理想的に感じられるが、実際にはほとんど存在しないような非現実的な異性」であることが多いのです。
 主人公の側では特にその相手のために行動しなくても、なぜか相手の側では一方的に主人公のために優しく尽くしてくれたりするのです。
 そのような筋書きの恋愛物語は確かに、それを読む人たちの憧れを刺激したり願望を満たして、いい気持ちにさせてくれる夢物語ではあるのでしょう。

 しかし現実には当然、そのように一方的に優しく尽くしてくれる異性と恋仲や夫婦になれる可能性は滅多にありません。
 したがって、そのような恋愛物語は実際の恋愛や結婚をするための役には立たないのです。
 それどころか、そのような「一方的に優しく尽くしてくれる異性」に憧れるあまり、実在する現実の異性が物足りなく感じられてしまったら――
 そのような恋愛物語を読みふけることは、むしろ実際の恋愛や結婚をする上での妨げにすらなってしまいかねません。

 しかし私は「自分なら、それらとは少し違った類の恋愛物語を書くことができそうだ」と考えました。
 それまでの体験などから、男性である自分とは異なる女性の心理や考え方についても、ある程度は知識を得ることができたと考えていたからです。

 恋人や結婚相手のために優しく尽くしてあげたい、という気持ちを抱いている人たちは存在しています。
 しかし自分の側だけが一方的に優しく尽くしてもらいたいと願っているような我がままな人が、そういう優しい人に愛されることなど、あまり期待できないでしょう。
「自分が大切に思っている人のために優しく尽くしてあげたい」という気持ちを抱いている人たちは、やはり同じような優しい気持ちを抱いている人をこそ恋人や結婚相手に選ぼうとする場合が多いからです。

「役立つ恋話を」の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

出会いは家の近所にも [読者の皆さんと考える]

「うつ病でも諦めない」で頑張っておられる実例として当塾では最近、下記の五つの頁で容子さんの場合について言及させていただきました。
  1. うつ病でも諦めない実例
  2. うつを語りあえる相手がいれば
  3. うつ病の人は楽しい話を
  4. うつでなくても楽しい話を
  5. うつ病はプロに相談を

 その容子さんが先日、私に電子メールを送ってくださいました。容子さん、どうもありがとうございます。
 その電子メールには、下記のように書かれていました(引用に際して、途中の空白行は省かせていただきました)。

梧桐さん
お忙しいところ恐れ入ります。どうしても伝えたいことがあり、また補足のメールを送らせていただきます。
私は、自己流の行動認知療法で、うつ状態を感知したら、早朝散歩して太陽の光を浴びます。それである程度回復します。
散歩は主治医から強くすすめられて、ご近所さんが散歩に誘ってくれていました。1人で散歩していると、ご近所さんが『えらいわね。頑張っている姿を見たら嬉しいわ』と声をかけてくれていました。その一言が嬉しかったです。主治医は地域コミュニティが素晴らしいと言っていました。
散歩やラジオ体操で、かなり回復できました。
今は引っ越しして、引きこもりがちになっていますが、梧桐さんがうつ病に関して、意見を伝えられる場を作ってくださったので、また散歩を再開しようと思えるようになりました。ありがとうございます。
梧桐さんがブログに記事を書いてくださって、気力をいただいています。
感謝しています。

 このメールを読ませていただいて私は「あ、なるほどな」と思ってしまったんですよ。

「出会いは家~」の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

息子と裸で抱きあいたい [読者の皆さんと考える]

中高年の性の先生」にお訊きしたいことがあります。
女の人は愛している相手と、性交でなくても互いに肌と肌とを触れあわせたり、裸で抱きあったりすると嬉しく感じられるそうですよね。
しかし愛している息子がいても、その息子が十代くらいになると母親と肌を触れあわせる機会は乏しくなりがちです。
でも思春期を迎えた息子とでも互いに肌と肌とを触れあわせたり、裸で抱きあったりしたら嬉しく感じられそうでしょうか。
女の人の心理を教えていただけるとありがたいのですが。
なお、ご返事を私のブログで公開してかまわないかどうかもご指示いただけましたら幸いです。
ただし性にまつわる内容ですので「答えたくない」とお感じの場合は、このお訊ねのことは全く無視していただいてもかまいません。

 ――私は容子さんに先日、電子メールで上のようにお訊ねさせていただきました。
 すると容子さんは、下記のようなお返事を下さったのです(引用に際して、途中の空白行は省かせていただきました)。

梧桐さん
私は中高年の性の先生になるには、経験に乏しく息子もいないので、友だちに尋ねてみました。
息子が思春期になっても抱きしめたいと思うとのことでした。息子に彼女ができたら、泥棒猫と思ったと言っていました(笑)
私は20才の頃、17才の弟が可愛くて、いとおしくて、ただただ一緒に側で寝たいと思ったことがあります。
抱きしめられると安心できますよね。
私も誰かに抱きしめられたい今日この頃です(笑)
お役に立てるかわかりませんが、公開してもらってかまいません。

 一度に容子さんとお「友だち」、お二人のご意見をお聞きすることができたようです。容子さん、どうもありがとうございました。
 ちなみに私は、次のような疑問も抱いておりました。

「息子と裸で~」の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

性の本音を語る掲示板を [読者の皆さんと考える]

 なおぼんさんが当塾の「巨根の男は自信過剰?」の頁に書いてくださったコメントには、以下のような記述があります。

女同士で猥談をするとどうしてもペニスの話になります。(中略)
本番ありの風俗の子の話を聞いたところ、客のが大きいとげんなりするそうです。
たくさん「挿入」されるお仕事だと、大きいのはつらい。痛い。
大きくて「遅漏」は最悪の客だそうです。

 当塾の「巨根や遅漏は嫌われる?」の頁で私は、なおぼんさんのこのコメントを引用させていただいた上で「「大きくて『遅漏』は最悪」というのは(中略)「本番ありの風俗の子」ならではの話ではないでしょうか」と書かせていただきました。
 その上で、私が書いたまじめな性愛物語のうちの一冊である『恋愛塾で深~く愛して』の中から「いわゆる風俗産業などのプロの女性」に関する、以下のような部分を転載させていただいたのです。

その手のプロの女性は、仕事中に自分の側がオーガズムに達することは、望んでいない場合が多いからです。
 いちいち達してしまっていたら、仕事に支障が出てしまいかねません。それよりは男性の側に早く達してもらって、また次の男性を相手にしたほうが、一日あたりの稼ぎも大きくなるわけです。

 するとその「巨根や遅漏は嫌われる?」の頁に一昨日、きの子さんと名のる方が以下のようなコメントを書いてくださいました。きの子さん、どうもありがとうございます。

風俗嬢じゃないけど
遅漏で、でかいチンコ大嫌いです。
(だいたい遅漏の人って大きいですよね)
彼氏とデートするのは楽しみだし実際楽しいけど
このあとまた長いこと挿入かと思うとげんなりします。
ホテルに6時間くらいいるとして
遅漏彼氏はいくか、いかないか。(もちろん途中で
休憩します)
前の彼氏は6時間あると2回Hしていたし、
満足度はそちらが高いです。
好きな相手が遅漏、デカチンは、本人もかもしれないけど
こちらも相当悩みます。ものすごくHが憂鬱になる。

「性の本音を~」の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
メッセージを送る