So-net無料ブログ作成

恋愛エッセイ小説を考案.3 恋愛を主題に [塾頭の経歴]

 もしも多くの部数が売れたら、この「しかけ」が話題となり『嫉み深い男』の「売り」ともなっていた可能性もあったのかもしれません。
 あるいは逆に、非難の対象にされてしまっていた可能性も考えられます。
 でも実際には『嫉み深い男』は、決して多くの部数が売れはしませんでした。
 ですので私が試みた「しかけ」は話題になることも、逆に非難の対象となることもないままに終わってしまったのです。

 しかし、このようにささやかな「しかけ」や試みでは充分でありません。
 無名の書き手が書いた作品が出版されて多くの人たちに読まれるためには、もっと「大勢の読者の人たちが読んでみようと考えるような特長」が必要なのです。
 はたして「大勢の読者の人たちが読んでみようと考えるような特長」とは、どのようなものなのか――
 それを私は、まず作品の「内容」と「形式」の両側面に分けて考えてみることにしました。
 最初に私は「どのような分野の内容が書かれている作品であれば、大勢の読者の人たちが読もうとしてくれるのだろうか」と考えてみたのです。

 たとえば私は聖書で描かれている神の性質を主題の一つにした作品を、それまでに二つ書いていました。「民に自由を」から改題された「終らない夜の始まり」と、「ヤハウェの呪い」の二作です。
 聖書で描かれている神は、ユダヤ教徒とキリスト教徒とイスラム教徒の人たちが信仰しています(キリストは神と一体だとはされていますが、神そのものではなく、その子供です)。
 その神のことを何と呼ぶか、エホバと呼ぶかヤハウェと呼ぶかアラーと呼ぶかは、それぞれの宗派などによって異なるのですが。
 したがって二十一世紀の冒頭の時点では人類のうち半分ほどが、その神を信仰していたことになります。インドや中国の人口が増えることによって、この比率は変わっていくものと予想されるわけですけど。

 しかも哲学にせよ文学にせよ、あるいは自然科学や社会科学もそうですが、欧米の学問や芸術にはキリスト教が大きな影響を与えています。
 したがって欧米の文学や学問を学んできた私にとっても、聖書で描かれている神の性質は決して避けて通ることのできない問題だったのです。
 すなわち聖書で描かれている神の性質は私にとっても、さらには人類の半分ほどにとっても大いなる関心の的だと言えるのでしょう。

「恋愛を主題に」の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

恋愛エッセイ小説を考案.2 解説も創作 [塾頭の経歴]

 まだ二十代だった頃に私が書いた「あかずの踏切り」などの連作は「さまざまな文体で書かれた部分をモザイク状にして、詩もちりばめられている」点が大きな特長となっていました。
 しかし、それは必ずしも「大勢の読者の人たちが読んでみようと考えるような特長」だとは言えないでしょう。
 しかも残念ながら肝心な出来ばえのほどが、まだ未熟な若書きでしかなかったのです。
 それらの後で三十一歳だった年に書いた『嫉み深い男』は、わりに素直といいますか単純な形式の恋愛小説でした。
 しかしこの作品で私は一つ、少し珍しい「しかけ」も試みています。

 実は小説には「どこまで、決して事実ではない創作というか作り話の内容を書いていいのか」という問題があります。
 たとえば小説に「あとがき」が付けられる場合、そこには決して作り話ではない本当のことが書かれることも多いようです。
 しかし小説では「あとがき」も本篇の続きで、決して事実ではなく創作された内容が書かれていることもあるのです。
 さらには巻頭や巻末に載せられる「解説」が、決して事実ではない創作だという場合もあります。
 本の表紙などに載せられる紹介文が、決して事実ではない創作だという場合すらあります。
「解説」や紹介文までもが決して事実ではない創作であっても、それが必ずしも「いけないことだ」とはされないのです。

 これが英米などですと内容がフィクションの場合、裏表紙に'Fiction'などと明記するべきだと考えられているようです。
 しかし日本を含むいくつかの国では、たとえ内容が創作であっても、そのことを明記するという慣例は必ずしも確立されていません。
 ですから時おり、まだ本文を読まずに紹介文などを読んだだけでは、それがフィクションなのか違うのか見分けの付けにくい本があったりもします。

 そこで私は『嫉み深い男』で、「あとがき」も「解説」も「紹介文」も創作にするという「しかけ」を試みてみました。
『嫉み深い男』の本文に書かれている物語は実話なのだと、同書の「あとがき」では楓田新人という筆名の著者が自分で書いています。
 そして同書の巻末に収められた「解説」では、著者の友人で絵空言と名のる人物が次のように書いているのです。

「解説も創作」の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

恋愛エッセイ小説を考案.1 大衆小説を執筆 [塾頭の経歴]

(塾頭宅で最近、Internetへの接続が不調です。
なので当面、当塾の更新が不定期になったり途切れたりするかもしれません。
どうか、お含みおきください)

 独立した記者となった私は、知り合いの編集者などから頼まれた記事を次々と書きつづけました。
 しかし執筆の依頼が途切れる時期があっても、他の仕事を受注するため自分の側から働きかけることは原則としてやらずにいました。
 そういう時期には頼まれて書く記事でなく、長い作品を書くために充てようと考えていたからです。

 コンピューターの活用が進めば世の中が便利になって、人々が幸せになれる場合が多いと私は考えています。
 そして私がマイクロソフト社のウェブサイトなどに書いていた記事は、そのためにいくらか貢献できるはずだと思っていました。
 あるいは「大リストラ時代を生きる!」の連載なども、「世の中を良くして皆が幸せになるために役立てる」はずだと考えていました。
 ですから頼まれて書く記事も、多くは私にとってやりがいの感じられるものだったのです。
 しかし「それらとは別に、自分が本当に書きたい類の長い作品を出版できるようになりたい」という気持ちも私は持ちつづけていました。
 ですから仕事の依頼が途切れて時間ができると、そういった作品を書いてみていたのです。

 たとえば労働法規に違反していたハッシュと闘った体験をもとに、「りすとら下剋上」や「りすとら忠臣蔵」という作品を書いてみたりしました。
 これらを読むと労働法規や、違法な会社への対処法などを物語形式で学ぶことができます。
 あるいは織田信長や周囲の人物が、自分たちの身のまわりで起こった事件の真相を推理する物語を書いてみたりもしました。
「あくたれ信長」や「織田家の相剋」、それから「いんてり光秀」などの作品です。

「大衆小説を執筆」の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

記者として独立へ.5 リストラ相談を開始 [塾頭の経歴]

 ところが一方では、それとは逆に悲しい出来事もありました。
 それまでの私や同じアパートの他の住人の人たちのお世話もむなしく、この年の三月に松本さんが死んでしまったのです。
 せっかく前の年の秋に受けた手術で右目が見えるようになり、少し間をおいて次には左目の手術を受ける手はずになっていたのにです。

 私が病院の人から聞いた話によると、前の年の秋に感染症に侵されたのが死因となってしまったとのことでした。
 だとすると、ですよ。
 あの秋に私が石田社長に邪魔されず、もっときちんと松本さんのお世話をできていたとしたら――
 松本さんは感染症に侵されず、死なずに済んでいたのでしょうか。
 そう考えると私には、石田社長が松本さんを死なせてしまったように思えてならずにいるのです。

 松本さんに死なれてしまった悲しみに耐えながら、私は原稿を書きつづけました。
 独立した記者となって二年目の年収は、ハッシュで受け取っていた年収の二倍くらいになったほどです。
 ひと月の間に休める日が一日しかない、というほど忙しい状態が続いたりもしました。

 この頃に最も多く担当したのが、マイクロソフト社のウェブサイトに載せる原稿の執筆です。
 いろいろな連載の執筆を、立て続けに担当したのです。
 たとえばコンピューターによるネットワークの基礎講座ですとか、情報セキュリティの基礎講座などの執筆を依頼されました。
 その他にも発想法の講座ですとか、電子メールのマナー講座などの執筆も依頼されましたし。
 なにしろマイクロソフト社のウェブサイトは、とても大勢の人たちが読んでいるものと考えられます。
 そこに講座を連載するというのは、なまじっかな雑誌に連載をするより多くの読者の人たちに読んでもらえる手だてだったのではないでしょうか。

 それまでは「どの雑誌や新聞に何の連載を書き、どういう本を出しているのか」ということが、もの書きとしての実績や実力の表われだと考えられていました。
 しかし今後は「どのウェブサイトに何を書いているか」が、もの書きとしての実績や実力の表われだと見なされるように変わっていくのかもしれないな――
 私は当時、そんなふうに思ってみたりしていたのを覚えています。
 実際にはその後も、まだしばらくの間は「どの雑誌や新聞に何の連載を書き、どういう本を出しているのか」という方が重視される時代が続いたのですが。

「リストラ相談を開始」の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
メッセージを送る