So-net無料ブログ作成
検索選択

9番目の夢.14 [20才と31才の恋話]

 夏代が昇と同じ会社で働きはじめて十日ほどたった、ある日のことだ。
「はい、二階です。えっ。ああ、いますよ。少々お待ち下さい」
受話器を片方の手に持ったまま、あいている方の手をつかって昇は夏代に手招きをしてみせた。

「おい、夏代。外線で夏代に電話がかかって来ているそうだぞ」
「えっ、私に。いったい誰かしら」
昇から手渡された受話器をかかえこむようにして夏代は電話に出る。

「もしもし。お電話かわりました。なあんだ、驚かさないでよ。会社にはなるべく電話してこないでって言っといたじゃない。こっちは忙しいんだから。えっ、何ですって」
 電話で話をしている夏代の顔が、いきなり翳った。何やら良くない知らせらしい。夏代の美しい顔が、みるみるうちにひきつっていく。横から覗きこむように夏代を見まもっていた昇には、その変りようをはっきりと見てとることができた。

「うん。わかった。じゃあ今夜また後で、こちらから電話するから。何時頃がいいの。とりあえず七時から八時の間ね。うん、わかってるってば。じゃあまた、その時に」
 受話器を昇に返して夏代は天を仰ぐようにし、ひとつ大きくため息をつく。

「どうした。誰からだったんだい。何かまずいことでもあったのか」
「親からよ」いつもにもましてうるんだ眼で、夏代は昇の方へと振り返った。心なしか涙ぐんでいるようにさえ見える。「帯広に住んでいたおばあちゃんが危篤らしいの」
「何だって」

「それが今朝、いきなり倒れたって言うのよ。ゆうべまでは全く何ともなく、とても元気だったそうなのに」
「へえ。そいつはいけないな。で、いったい何の病気だって言うんだい」
「それが、まだわからないんですって」
「何だ、そりゃあ。でもそれじゃあまだ、何もだめだって決まったわけでもないんだろう。危篤だなんて、夏代の親御さんが大げさに言ってるだけなんじゃないか。きっと何かのまちがいだよ」

「私はおばあちゃんっ子だったの。私がまだ北海道にいた頃、一緒に住んでいたこともあったのよ」昇がかける気やすめの言葉も、今の夏代の耳には全く入っていないらしい。顔だけは昇の方を向いていながら、その瞳はどこかうつろに、はるか遠くを眺めているかのようだった。「親と仲がよくなかった分だけ、よけいおばあちゃんに甘えてしまっていたのかもしれないわね」

「おばあちゃんとは、しばらく会っていなかったのかい」
「このあいだ私が北海道へ行った時に会ったわ。あの時はまだ、それこそとても元気で、この分ならもうすぐ曾孫の顔が見れるかもしれないわね、だなんて冗談を言っていたというのに。本当にいったい、どうしちゃったのかしら」

「まあとにかく、なるべく早く駆けつけた方がいいみたいだな。曾孫とまではいわずとも、可愛い孫の顔を見たらおばあちゃんだって、元気にならないとも限らないんだし」

「ええ」ようやく少し我にかえったかのような顔で、夏代はあらためて昇の方へと向きなおった。「センパイ、もしかしたら明日からしばらくの間、お休みをもらえないかしら。今夜もういちど親と連絡をとって、ひょっとしたら今夜おそくか明日にでも、帯広まで行くことになるかもしれないから」
「そりゃあもちろん、かまわないぜ。何てったって場合が場合なんだから」
「すみません。はっきり決まったら、またセンパイのお部屋に電話します」

[読者へのお願い]
「人気blogランキング」に参加しています。
 上の文章を読んで「参考になった」とか「面白かった」などと評価してくださる方は、下の行をクリックしてくださると幸いです。
「人気blogランキング」に「幸せになれる恋愛ノウハウ塾」への一票を投じる

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る