So-net無料ブログ作成

9番目の夢.13 [20才と31才の恋話]

「最初の挫折は中学校を決めた時ね。私はわりに入るのが難しいと言われている私立の学校へ行きたかったの。兄もそこへ行ってたし。それで一生懸命に勉強してたのよ。その学校に受かるためにね。受験すれば大丈夫、きっと受かるだろうというくらいの自信はあったわ。でもね。親に言われてしまったの。あなたは普通の公立にしておきなさいって。家にはもうお金がありません、お兄ちゃんの学費だけで精一杯なんですってね」
「それはひどい話だなあ」

「でしょう。それ聞いて私、もう荒れたわよ。私がこれまで頑張ってきたのは、いったい何のためだったのかって。それからというもの私は、きっぱりやめてしまったんだわ。真面目に頑張ったり、いい子のふりをしたりすることは一切。勉強もしなくなったから成績はおちるし、親や先生にもどうしたんだって叱られるし。でも私は自分の考えを決して変えなかった。私はその時、かたく心に決めていたの。これからはもう誰のことも気にかけないで、自分のやりたいように生きていくんだって」
「なるほど」

「誰も私のことなんか、かまってもくれないし必要としてもくれないんだわ。でもいいの、それならそれで。私も好きにさせてもらうから」
 そう言いきって夏代は目をふせる。昇は何だか、とても哀しい気持ちになった。目に見えないため、それがそこにあるということを思わずうっかり忘れてしまっていた壁に思い切りぶつかってしまったような気持ちだ。昇にとって夏代はその壁の向こう側にいる。姿は見えているが手を届かせることはできない。

「私は余分に生まれてきたのよ。でも私は生きつづけるわ。少なくとも二十五歳になるまではね。せっかく生まれてきたんだもの。せめてやりたいことをやらせてもらわないと」

「少なくとも二十五歳まではって、その後はいったいどうするんだい」
「先のことは考えてないわ。死んじゃうかもしれない。スーパーのバーゲンで先を争って品物を奪いあうような、醜い中年の小母さんには死んでもなりたくないし」

「また、えらくあっさり言ってくれるねえ。死んじゃうかもしれないだなんて」
「いいのよ。どうせ私のことなんか、誰も愛してくれないのだもの。このまま誰にも愛されずに終わるの」

 ねえ夏代。そんな哀しいことを言ってはいけない。少なくともこの僕は君のことが大好きなのだよ。そう昇は言いたかった。だが思ったとおりを口にだすより早く、ふと昇は考えこんでしまうのだ。そんなことを言うだけの資格が自らに、はたしてあるのだろうかと。夏代の心にうがたれた井戸は、あまりにも大きくかつ深い。それがどれだけ深いのか、およそ昇などには見当もつかないほどに。はたして昇には、その井戸を埋めるだけの力があるのだろうか。たとえ埋めることができずとも、その井戸をふさぐだけの力でもあるのだろうか。それだけの力をも持たないで夏代との間にある壁の向こうへと立ちいることなど、およそ許されようはずもない。昇にはなぜか、そんな風に思われる。

 その頃の夏代は少女が大人へと移りかわる最も美しい季節に、ちょうどさしかかりつつあった。時が熟したつぼみのなかで、陽のあたる広い世界のなかへと新しく生まれ出るためほころびはじめた美しい花びらのようなものだ。透きとおりそうなまでに白く柔らかいなめらかな肌。そして内なる若さがみなぎっているかのように張りつめた体つき。昇の目に映った夏代は、文句なしにきわめて美しい。そんな夏代のことを男たちが、わけもなく放っておくはずはなかろう。それでもなお夏代が彼女みづからの言うとおり、誰からも愛されないのだとしたら。それは他ならない彼女みづからが、その周りの世界に対して心を閉ざしてしまっていたためだ。そして他ならぬ昇もまた、夏代に対しては今なおついにその壁の向こう側へと立ちいることができずにいた。何せ頭のいい娘だもの。もしその壁の向こう側へとおもむろに踏みこんでしまったならば。自らが夏代に対して抱いている、いくらかは邪まな思いをも見すかされてしまうのではなかろうか。昇はそう恐れていたのだ。

 だが昇と夏代はふたりとも、同じ怯えを心の内に秘めている。愛されることにとまどい怖れる気持ちを。誰かの愛を受けいれてしまうことによって自らを見失うくらいなら、むしろその愛をかたくなに拒んででも独りで生きていこうとする意志を。そして、それにもかかわらず誰かに自らの身をなげうって頼りきり、その誰かから愛されることを狂おしく求める気持ちをも。

[読者へのお願い]
「人気blogランキング」に参加しています。
 上の文章を読んで「参考になった」とか「面白かった」などと評価してくださる方は、下の行をクリックしてくださると幸いです。
「人気blogランキング」に「幸せになれる恋愛ノウハウ塾」への一票を投じる


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る