So-net無料ブログ作成
検索選択

9番目の夢.11 [20才と31才の恋話]

 では。そこいら辺のトモダチの一人が話してくれた、私の大好きな話を一つ。
 そのトモダチは昔、フランス語も分からぬままフランスへ行き、地下道でギターの流しをやって生活したことがある男なのですが。フランスでの生活を始めたばかりのとある日。特に理由もなく、彼は香水屋さんにぶらりと立ち寄ったそうです。買う気もない香水を眺めながら、彼は、店員と客の間で交わされる会話を何とはなしに聞きましたとさ。

  客 「ぷっじゅうなんたらかんたらどうのこうの?」
 店員 「うんたら(と言って客のてのひらに香水をシュッと出す)」
  客 「(香りをかいで)うぅん、うにゃらうにゃら」

 くどいようですが、彼はまったくフランス語が解らないわけです。しかし彼曰く、そこで話されている言葉の響きが美しかった、そりゃあもうものすごく美しかったと。いきなり感動し愕然としてしまった彼は、その店で何度も何度も交わされる同じ会話をただただ聞いていたそうです。

 どうやら、
  客 「この香水の香りをかがせて頂けませんか?」
 店員 「どうぞ」
  客 「うぅん、とても良い香りです。どうもありがとう」
 それだけの会話らしいのですが。特に「この香水の香りをかがせていただけませんか」という意味らしき部分の響きが特に美しいと。

 あんまり長いこと同じ言葉ばかり聞いていたものですから、彼はヒアリングでそれを覚えてしまいました。覚えてしまったからには自分で実際にその言葉を発してみたい。当然ですやね。彼は緊張しながら、客の真似をして言ってみたそうです。
  「この香水の香りをかがせて頂けませんか?」
 すると店員が「どうぞ(シュッ)」
  「うぅん、とても良い香りです。どうもありがとう」

 店員がちゃんと答えてくれたことが嬉しかったのか。
 はたまたその綺麗な言葉を発する事の出来る自分が嬉しかったのか私は知りませんが。
とにかく嬉しくて嬉しくてどうしようもなくなった彼は店を飛び出しました。そしてその日のうちにあてもなく香水屋を探して走り歩き、店を見つけては入って行き、同じ会話を繰り返したんだそうな。

 その会話だけを目的に次の日もまた次の日も、彼は何軒も何軒も香水屋を回りましたとさ。いろんな香水の香りが混ざってひどい匂いになってゆくてのひらをポケットに突っ込んだまま、彼は見も知らぬ異国の町を俳徊しましたとさ。

 いい話だなあ。
 まあ、いくら貧乏だからって手ぐらい洗えよなという気がしないでもないんだけど。

 この話には、人生変えられてしまいましたよ。聞いたときにはふうんとしか思わなかったのですけれども。久しぶりに泣きましたねえ。おそらく不憫でたまらなかったのですよ、今の自分が。振り出しに戻されたような思いがいたしました。こういう感じ、こういう思いというのはもう伝える術もないものなのでしょうが。
 学びには感動がなきゃあいかんのよ。

 だからという訳ではないんですけどね、だからって訳じゃないよ、けどやっぱり私は今象牙の塔でお上品にお勉強していられるほど暇じゃない。今、そんな暇は無いんだあっ!
 ああ、お母さんもう泣かないで。夏代は今とっても穏やかで情熱的で幸せなのよ。

 ってなわけで。夏代は割と頑張りました。今は幸せに暮らしております。最後の最後まで取り留めの無い無駄な独り言ですみません。誠に恐縮であります。なんか私って謝ってばっかり。二十年間、怒られっぱなしだったんだもん。まだまだ怒られてやるけど。
 たとえ大学は休学しても、また皆様にお会いできる機会があると本気で信じて疑っておりません。お前なんか金輪際顔を見せるななんて言われても、見せるんだもんねーだ。
 では。また。」

[読者へのお願い]
「人気blogランキング」に参加しています。
 上の文章を読んで「参考になった」とか「面白かった」などと評価してくださる方は、下の行をクリックしてくださると幸いです。
「人気blogランキング」に「幸せになれる恋愛ノウハウ塾」への一票を投じる

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る