So-net無料ブログ作成

9番目の夢.10 [20才と31才の恋話]

 昇は夏代のことを守ってやりたかった。夏代に決して暮しの重みなどを味わせたくはなかった。さいわい昇は充分ふたりでも暮していくことが出来るだけの金を稼いでいる。夏代さえそれを受け入れてくれるなら、昇が夏代の親がわりとなって、彼女の暮しをみてやることもできるはずだ。そして夏代の側にさえその気があるならば、ふたりで暮していくことだって出来るだろう。昇と夏代の両方がそれぞれ独り暮しを続けるよりは、ふたりで一緒に暮した方が金もかからずにすむのだから。それに何より夏代とふたりで暮すことができるなら、それは昇にとっても愉しい日々となるに違いない。

 あるいは、今からでも大学へ戻りたいという気持ちが夏代にあるならば。学費を立て替えてやってもいいとさえ昇は考えていた。夏代が大学を出て働きはじめてから、少しづつでも返してもらえればそれでいいのだし。あるいは全く返してもらえなくたって何らかまいやしない。夏代のためになら、金などいくら使ったところで昇は全く惜しくもなんともないのだ。しかし夏代は言う。大学を休学したのは何も親から勘当されて学費が続かなくなったためばかりではないのだと。

「そういえばセンパイには、まだ話してなかったんだっけ。私が大学を休学しようと思うようになったきっかけを。ちょうどいいわ。こないだそのあたりについての話を、学内で出している雑誌に投稿して掲載されたばかりだから。今度センパイにも、それを読んでもらうわね」

 夏代が書いたという文章は、彼女があくる日会社に持って来て見せてくれた学内誌とやらの、見開き二ページほどを使って掲載されていた。「夏代は割と頑張った。今は幸せに暮らしてる。」と題された、次のような文章だ。

「皆様お元気でしょうか。
 本当にお久しぶりです。あなたの夏代です。
 ここんとこ、本当に、ひどく忙しかったんです。なかなか原稿を送れなくて、編集長と発行人、それから数少ない私めの支持者の方々には多大なる迷惑をかけてしまいました。申し訳ございません。でもあんまり反省してないのよね。
 実は先日、ようやく休学が成立いたしまして。はい。
 まあ、とにかく休学する前に、皆様に一言ご挨拶させて頂きたく思いまして投稿した次第でございます。やっと暇もできたことですし。

 さて。今日は珍しくトモダチの話などしましょうか。
 わたくし、身分不相応とも言えるほど、良いトモダチに恵まれております(トモダチの数は決して多くないですよ、言わなくってもなんとなく分かって頂けると思いますが)。
 その数少ないトモダチのうちで、これから書くのは割と最近できたトモダチの話。

 数カ月前、貧乏に喘いだ私はとある土木作業屋さんでドカタのアルバイトをさせて頂きました(ドカタって放送禁止用語だって言うけど、自分がドカタと呼ばれることをドカタの人はきっとそんなに気にしちゃいないし、第一そんなことに拘るような度量の狭い人間はたぶんドカタなんてやらない)。

 そこの所長さん「うちに女子大生が来たのは初めてだ」ってびびってたんだよ。ふふん、かっこいいだろ。ドカタのボスをびびらす女なんてそう滅多に居るもんじゃないぜ。スタイルがいいからヘルメットだって長靴だって何だって似合っちゃうし。ドカタ焼けもしたもんね。かっこいいなあ。どうして私ってこんなにかっこいいんだろう。

 さて本題に戻ります。私がそのアルバイト先で出会った方々は、たいへん個性のきっつい方ばかりでして。はっきり言ってしまえば非常に馴染みにくい方ばかりなんですが。その馴染みにくい方々に今ではすっかり仲良くして頂いておりまして。毎日とても新鮮であります。自分の小ささに呆れることの出来る毎日というのはいいもんです。自分がさほど大層な人間でないことに気づかされる毎日と言うのはいいもんです。

[読者へのお願い]
「人気blogランキング」に参加しています。
 上の文章を読んで「参考になった」とか「面白かった」などと評価してくださる方は、下の行をクリックしてくださると幸いです。
「人気blogランキング」に「幸せになれる恋愛ノウハウ塾」への一票を投じる

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る