So-net無料ブログ作成
検索選択

9番目の夢.5 [20才と31才の恋話]

 夏代と一緒に働くことを考えたのは、昇にとって何もこの時がはじめてというわけではない。彼らふたりには夢がある。いつの日にか小さな出版社をつくり、そこで彼らふたりが編集した雑誌を出すという夢が。だがそのためには、それなりの資金を貯めなくてはならないだろう。この夢が本当にかなうまでには、まだかなりの月日がかかるに違いない。

 そんな遠い先の話を持ち出すまでもなく。夏代が高校を卒業した時にも、昇は夏代と一緒に働くことが出来るものと考えていた。夏代が大学に合格できなかった場合には、いま昇が勤めている職場で夏代をしばらくの間でも雇ってもらおうと目論んでいたのだ。夏代が大学に受かったため、これは実現しなかったわけだが。その時の夢がこのたび、二年遅れではあるものの、ようやくかなったことになる。

 あくる朝。夏代は道に迷うこともなく無事、八時半に会社へやってきた。部屋の掃除をすませ、朝のお茶をいれてから、昇はさっそく夏代に仕事を覚えてもらうための研修をおこなうことにする。

「じゃあまずはこの会社がどんな仕事をしているのか、ということから説明をはじめようか。この会社は、ひとことで言うと建設コンサルタントの会社なんだ」
「何それ。いきなり建設コンサルタントだなんて言われても、どういうことだかちっともわからないわよ」

「まあ、ぴんとこないのも無理はないだろうな。普通の生活をしている普通の人にとっては、一生かかわる機会がないかもしれないような仕事だからさ。でもね夏代。ビルを建てたり道を作ったり、どんな建設工事であれ、それを行う前には必ず設計という作業が必要とされているんだよ」
「設計って、すなわちデザインのことね」

「そうそう。でも、外見の見てくれを決めるばかりが何もデザインじゃない。その外見にするための材質や、その強さなんかを考えることも大切になってくる」
「なるほどね」

「そこでだな。工事の時どこにどのような力がかかるか、あるいはどこにどのような力がかかってどれくらい形が変わってしまうのか、そんなことを全てあらかじめ計算して予想を立てるんだ。その上でどこをどれくらいの強さにするか決めるってわけだな。どこにどういう材料を使えば、どれくらいの強さになるはずだ、っていうふうにね。そして工事を行う時には建設現場に計測用の計器をとりつけて、実際にどれだけの力がかかっているのかを計ったりもするんだぜ」
「へえ、そんなことまでしてるんだ」

「そこで、うちの会社の仕事としてはね、例えばまずひとつ目として、工事現場のうちのどのあたりで何を計ればいいのか、実際に工事をやろうとしている建設会社の相談にのってさしあげることもある」
「それでコンサルタントってわけね。私にも少しイメージがつかめてきたような気がするわ」

「そいつは、よかった。あと、それからさあ。工事現場にたくさんとりつけた計測用の計器を、ひとつづつ全て人間が計っていたらとても大変だろう」
「まあ、そうでしょうね」

「そこでこれらは皆コンピューターにつなぎこんで、自動で計れるようにするのが普通なんだけど。そのためのプログラムを組んだり手直ししたりするような仕事も、うちの会社ではやっているんだ。後、そうやって実際に計った結果をまとめて解析を行うような仕事もある。ちょっととっつきにくいかもしれないけどさ。だいたいそういうことをしている会社だと思ってもらえれば、いいんじゃないかな。そこでだね……」
 かくして昇と夏代が一緒に働く日々は、その幕を切っておとした。

[読者へのお願い]
「人気blogランキング」に参加しています。
 上の文章を読んで「参考になった」とか「面白かった」などと評価してくださる方は、下の行をクリックしてくださると幸いです。
「人気blogランキング」に「幸せになれる恋愛ノウハウ塾」への一票を投じる

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る