So-net無料ブログ作成
検索選択

3 母子性交の息子への影響.5 [母子性交のご提案]

 これまで実の母親と息子が性交するのは近親相姦と言われ、激しくタブー視されてきました。
 しかしセックスに関することのうち、何がタブーとされ非難の対象と見なされるのか―――
 それは時代や世の中の移り変わりに伴って、その時々で異なってくることも多いのです。

 たとえば結婚を前提としないセックスも、かつては非難の対象とされていた時期がありましたよね。
 セックスは必ず、お互いに結婚している夫婦の間でだけ行なわれるべきだとされていた時代や地域があったわけです。
 もしもまだ結婚していない恋人たち同士がセックスをしたことがわかったら、ましてやそのセックスによって女性の側が妊娠したら、その二人は必ず結婚するべきだとされていたりもしました。
 日本でも二十世紀の半ばくらいまでは、そういう考えかたをする人たちが多かったのです。
 そして今でも信仰している宗教の影響などにより、そういう考えかたをしている人が多い国や地域もあるようです。

 でもしかし、今では避妊具や避妊薬の性能が進歩しました。
 そのせいもあってか今や日本を含む先進諸国では、結婚を前提としないセックスを必ずしもタブーだとはしない人たちが多いようです。
 結婚を前提とせずにセックスをしても、きちんと避妊をした上でのことであれば必ずしも非難はされない場合が増えたのです。

 きちんと避妊をした上であれば、むしろ結婚を前提としないセックスを積極的に行なうべきだと唱える人たちさえいるようです。
 結婚する前にはセックスのしかたや異性の体について学ぶため、なるべく多くの相手とセックスをしてみるべきだと言うのです。
 そしてそれらの知識を踏まえ、セックスの面でも自分と本当に相性がいい相手を選んで結婚するべきだと言うのです。
 その方が結婚した後、セックスの面でも相性がよくて二人とも幸せになれる可能性が高まるというわけですね。
 結婚を前提としないセックスが非難の対象とされる地域や時代と比べたら、なんと大きな違いでしょうか。

 それと同じように「母親と息子とのセックス」も今後、非難の対象やタブーだとは見なされなくなる可能性が考えられます。
 それどころか、むしろ反対に「なるべく、やるべきこと」と見なされるようになる可能性すら考えられるわけです。

 お母さんが自分の息子さんに対して性実習を行なうのは「愛する息子とお互いの肌と肌とを触れあわせて抱きしめあいたい」という、自分の側の気持ちを満たすためである部分も大きいと考えられます。
 でも、その一方では「自分の息子がセックスのやりかたを覚えて将来、相思相愛の恋人や結婚相手とセックスをする時のため」という、息子さんの側のためでもあるわけです。

 かたや息子さんがお母さんによる性実習に応じるのは「自分の側が性的な快感を得たい」ですとか「セックスのやりかたを身に付けておきたい」という、自分の側のためである部分が大きいと考えられます。
 でも、それと同時に「自分の行為でお母さんのことを気持ちよくさせてあげて、お母さんに対する恩返しをしたい」という、お母さんのためである部分も含まれている場合が考えられます。
 そのようにお母さんと息子さんとが、お互いに相手のためを考えて性実習を行なう―――
 それは「お互いに相手のために行動しあう」という、究極の親子愛の形だと言えるのではないでしょうか。

母との性交によって息子側に生じる利点
 第1章で触れた「思春期の男の子が直面する危険」を防げるのに加えて
  1. 初体験への不安を解消できる
  2. 性交で相手を気持ちよくさせてあげられるようになる
  3. 性交の際にリードしてあげられるようになる
  4. 自信がついて女性にモテるようになる
  5. 母への恩返しができる
  6. 母との間で究極の親子愛を築くことができる

[読者へのお願い]
「人気blogランキング」に参加しています。
 上の文章を読んで「面白かった」とか「参考になった」などと評価してくださる方は、下の行をクリックしてくださると幸いです。
「人気blogランキング」に「幸せになれる恋愛ノウハウ塾」への一票を投じる

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 3

コメント 2

なおぼん

育ててくれた母への恩返しに母子相姦があってもいいと思います。
ものすごくいい関係だと思うんです。
異常でしょうか?
そんなことないと思うのです。
by なおぼん (2017-03-21 15:14) 

梧桐渉

なおぼんさんが書いてくださったCommentに関して、下記の頁で言及させていただきました。
http://gotolove.blog.so-net.ne.jp/2017-03-24

by 梧桐渉 (2017-03-24 08:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る