So-net無料ブログ作成

2 母が息子に性実習を.6 [母子性交のご提案]

 もしも自分の母親に「今から性教育をするから」などと言われたわけではないのに、男の子が自分のお母さんとセックスをしようとなどしたら―――
 その男の子は「マザー・ファッカー」などと言われて、非難されてしまうことでしょう。

 かたやお母さんの側が言い出して、ご自分の息子さんとセックスをした場合には―――
 そのお母さんも「自分の息子とセックスをするだなんて、淫乱だ」と言われてしまう可能性があります。

 でもしかし「これは性教育なのだ、息子のためなのだ」ということであれば、多くの人が「あ、なるほど」と納得するのではないでしょうか。
「セックスのしかただとか女の人の体のしくみなどを、男の子が学べるための手だてが必要だ」ということは、広く大勢の人たちが感じていると思われるからです。

 あるいは自分ではその不便さに気づいていなかった人でも「セックスのしかただとか女の人の体のしくみなどを、男の子が学べるための手だてがあるべきだ」と言われれば、「なるほど、確かにそうだな」と感じるだろうと思われるからです。

 そしてセックスのやりかたを、お母さんがご自分の息子さんに対して教えてあげることにすれば―――
「自分が快感を得ることよりも、相手が気持ちよく感じることの方を優先する優しさ」が息子さんにあるかどうかということも確認できます。

 そしてもしも「自分が快感を得ることよりも、相手が気持ちよく感じることの方を優先する優しさ」を息子さんが持っていなかった場合には―――
 ぜひともそういう優しさを身に付けるよう、お母さんが息子さんに対して説得してあげてください。
 それはもはや性教育の枠を超え、人としての生きかたそのものの大事な教育になることでしょう。

 ところで思春期の息子さんがいるということは、そのお母さんは少なくとも三十代くらいにはなっているものと考えられます。
 あるいは、もっと歳をとってしまっている人もいるかもしれませんし。

 そしてその息子さんのお父さんにあたるご自分の夫と結婚してから、少なくとも十数年が経っているとなると―――
 息子さんを除いては、もう長いことご自分の夫としかセックスをしていないという人も多いことでしょう。
 あるいはご自分の夫とも仕事で忙しかったりして、なかなかセックスをできずにいるのかもしれませんしね。

 そういう状態が長く続くと「はたして自分は、まだ男の人にとって性的な魅力を持ち続けることができているのだろうか」と不安に感じられてしまうことも考えられます。

 でも、ですよ。
 思春期などの若い男の子の体は、とても正直に出来ています。
 もしもお母さんがご自分の息子さんに対して性実習をしようとした時、息子さんが勃起していたとしたら―――
 それは息子さんがご自分のお母さんに対して「一人の女性」としての魅力を感じ、性欲を抱いたことの証しになるわけです。
 それを目にしたらお母さんとしては「自分も、まだ男の人たちに女性としての魅力を感じてもらえる立場なのだな」と思えて嬉しくなるのではないでしょうか。

[読者へのお願い]
「人気blogランキング」に参加しています。
 上の文章を読んで「面白かった」とか「参考になった」などと評価してくださる方は、下の行をクリックしてくださると幸いです。
「人気blogランキング」に「幸せになれる恋愛ノウハウ塾」への一票を投じる

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る