So-net無料ブログ作成

ユキコ道の実践者が登場 [読者の皆さんと考える]

「ほっとくとどこかに逃げ」そうな女性に対しては、男性も「逃げ」させずにおこうと努力する傾向が確かに存在します。
 ですからエレン・ファインとシェリー・シュナイダーが書いた『ルールズ』の内容を女性が実践すると、確かに相手の男性がその女性に「『逃げ』させずにおこうと努力する」傾向はあるようです。

 ただし当塾の「男の本音が読める本」の頁でご紹介した城咲仁の『すべての女が幸せになれる!』でも書かれていたように「意識しているにせよ、いないにしろ、女に出会ったとき、男はまずその女が、“遊びの女”か“結婚したい女”か」を区別する傾向があります。
「ほっとくとどこかに逃げ」そうな女性に対して男性が「夢中にな」ったとしても、それが「遊びの女」としてであったら、結婚にまで至るのは困難なわけです。

 ――当塾の「『ルールズ』女は遊ばれる」の頁には、そう書かれています。
 するとその頁に「あき」と名のる方が今日の未明、次のようなコメントを書いてくださいました。あきさん、どうもありがとうございます(引用に際して、途中の空白行は省かせていただきました)。

本当に!
男性は一目会った時から 本気で一生離さない女か
適当にセックス出来る女かを見定めるようですね。
女性側がその点を見極めるのがルールズの良い所だと思います。
ユキコ道はその上を行っていて実践者の私でも辛いです.

 このコメントに出てくる「ユキコ道」というのは、『年収1億の彼』の著者であるDr.ユキコが提唱する「恋愛テクニック」だそうです。
 その概要は「★ホンモノの恋愛の話をしよう★ ~ユキコ道 vol 2」というブログのうち「本書の構成 第1章」と題された頁を見ると、わかりやすいでしょうか。
 その頁には、以下のような「戦術」が箇条書きにされているのです。
  • 第1章 『仮想高級クラブ』の演出
  • 戦術1 自分からの連絡一切禁止
  • 戦術2 メールは1日1通 最大3行 電話は5分
  • 戦術3 1日1通メール原則の例外
  • 戦術4 自分のスケジュールは決してまげない
  • 戦術5 お財布は開かない
  • 戦術6 エリート・セレブほど褒めない
  • 戦術7 褒めるのは内面のみ
  • 戦術8 あなたレベルは私の周りにごまんといます・・・という態度
  • 戦術9 ものを褒める時はセンスを褒める
  • 戦術10 どんな場面でもびびらない、常に堂々と!
  • 戦術11 『電化製品』『戦争(歴史小説)』『車』
  • 戦術12 最後まで許す
  • 戦術13 ヘビの生殺し大作戦

 これを見ると、わりに『ルールズ』の内容と共通する点が多いと言えそうですね。
 しかしあきさんによると、ユキコ道は『ルールズ』の上を行っているのだそうです。
 あきさんは、このユキコ道の実践者だとのこと。
 ぜひとも実践してみたご体験などをご教示いただけると、嬉しいのですが。

下にある本の画像をクリックすると、その本に関するAmazon.co.jpの該当頁が表示されます。

年収1億の彼

[読者へのお願い]
「人気blogランキング」に参加しています。
 上の文章を読んで「参考になった」とか「面白かった」などと評価してくださる方は、下の行をクリックしてくださると幸いです。
「人気blogランキング」に「幸せになれる恋愛ノウハウ塾」への一票を投じる

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る