So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

母子性交は大きな進歩 [母子性交のご提案]

 思春期の息子さんとお母さんとがセックスをすると、いいのではないでしょうか。
 息子さんの側ではセックスのしかたや、女の人の体のしくみを学ぶことができます。
 セックスに興味があって悶々としてしまうのを防ぐことができ、勉強などの「本来、やるべきこと」に集中できるようになります。
 そしてお母さんの側では息子さんと肌を触れあわせることができ、幸せに感じられるでしょう。

 ――当塾の「母子性交のご提案」の各頁では、そうご提案させていただいております。
 この「母子性交のご提案」は人類にとって、ぜひとも検討に値するものではないかと私は愚考しているのです。

 セックスや性交については、これまでとかくタブー視されてしまっていました。
 ですから思春期を迎えてセックスに興味を抱き始めた男の子たちにとって、性交のしかたを正しく学べる機会や方法を見つけるのは困難です。
 その結果、えてして低俗なアダルト・ヴィデオなどの類を観ることによって性交のしかたを学ぶことになってしまいがちです。
 しかし低俗なアダルト・ヴィデオなどの類には、女の人が本当に気持ちよく感じることのできる性交のしかたが描かれていない場合が多いようです。
 相手の女の人が痛く感じてしまいかねないような「とにかく挿入して、ひたすら激しくピストン運動をする」という性交のしかたが描かれていたりするわけです。

 その結果、女の人が本当に気持ちよく感じることのできる性交のしかたを身につけていない男の人が多くなってしまっているのではないでしょうか。
 これは人類にとって、とても残念で情けないことだと思われます。

 でも、お母さんがセックスのしかたや女の人の感じ方を自分の息子に教えてあげれば――
 その息子さんは、女の人が本当に気持ちよく感じることのできる性交のしかたを身につけることができます。
 その息子さんは将来、自分の母親ではなく恋人や妻と性交する時も「女の人が本当に気持ちよく感じることのできるやりかた」を実行できるでしょう。
 そのような男の人が増えれば、それは人類の全体にとっても大きな進歩であり幸せなことなのではないでしょうか。

「母子性交は~」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

今の夢は母子性交のご提案 [母子性交のご提案]

 自分自身の体験に基づいて「大きな夢と取り組んでいる人は、そのこと自体によって幸せを味わえる」と自信を持ってお伝えできるのです。――
 当塾の「大きな夢と取り組む幸せ」の頁に私は、そう書かせていただきました。
 そんなお前は、いったいどういう「大きな夢」に取り組んでいるというのか――
「大きな夢と取り組む幸せ」の頁を読んでくださり、そう思われた方は多いのではないでしょうか。
 この頁では、そんな疑問にお答えさせていただくことにしましょう。

 思春期の息子さんとお母さんとがセックスをすると、いいのではないでしょうか。
 息子さんの側ではセックスのしかたや、女の人の体のしくみを学ぶことができます。
 セックスに興味があって悶々としてしまうのを防ぐことができ、勉強などの「本来、やるべきこと」に集中できるようになります。
 そしてお母さんの側では息子さんと肌を触れあわせることができ、幸せに感じられるでしょう。(中略)
 いくつか問題が生じる可能性は考えられますが、それはお母さんの側が気をつければ防ぐことができます。(以下略)

 ――当塾の「母子性交のご提案」の各頁では、そうご提案させていただいております。
 この「母子性交のご提案」は人類にとって、ぜひとも検討に値するものではないかと私は愚考しています。
 いろいろと問題が生じたり当てはまらない母子がいる可能性は考えられますが、少なくとも一部の母子にとっては大きな効果が期待できると思っているのです。
 そして、そう考えるに至った私は心に決めたのでした。
 この母子性交を広く世間の人々に対してご提案させていただくことを、とりあえず当面の自分の人生の目標にしようと。

 この「母子性交のご提案」は、第3章「母子性交の息子への影響」までが当塾に掲載されております。
 第4章「抱きたいような母でいて」から第7章「母子性交を検討しよう」までは未掲載です。詳しくは「目次(母子性交のご提案)」の頁をご参照ください。
 これらに事例物語「母子性交で一家円満」を加えると、ちょうど普通の本の1冊分くらいの長さになります。

「今の夢は~」の続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

戦争はサイバー攻防に? [読者の皆さんと考える]

プリンさんへ。
河東碧梧桐に対して、特に思い入れはありません。
広島で被爆した梧桐に対しては、少し思い入れがありますが。

 ――なおぼんさんのblog「wawabubu(なおぼん)のblog」の「幸福とは何だろうか?」と題された頁のコメント欄に私は以前、そう書かせていただきました。
 そして当塾の「梧桐という筆名の由来」の頁にも先日、その旨を転載させていただいたのです。
 するとその頁に、なおぼんRさんが次のようなコメントを書いてくださいました。なおぼんRさん、どうもありがとうございます。

こんばんは
ご無沙汰しています。
この件もずいぶん前の事でしたね。
プリン閣下とは私がブログを始めたころからのお付き合いです。
お互い会ったこともない仲ですが、趣味は合うのでよくコメントのやり取りをしております。
戦争の話題も多い、私のブログですが、一貫して「戦争を二度と起こしてはならない」という考えで書いています。
戦争は、人を変えます。
善良な人が、闇黒の魔性を現わしてしまう。
農家でこつこつと作物を育てている人が、兵隊にとられ、戦地で言葉の分からぬ異人を刺し殺す…
現地の軍人でない人の物を奪い、女を犯す、そして虫けらのように殺してしまうのです。
こんな恐ろしい戦争を二度としてはいけない。
私の戒めです。

 戦争に関して私は最近、考えていることがあります。
「武器などの軍事力によって相手の国土や国民を物理的に攻撃する形での戦争は今後、行なわれる機会が減っていくのではないだろうか」ということです。

 先進国や新興国における人々の経済活動や生活は最近、かなり情報通信インフラに依存するようになりました。
 ですから他国の情報通信インフラに対してサイバー攻撃を行ない損傷させると、かなりの損害を相手の国に対して与えることができます。
 しかし「軍事力によって相手の国土や国民を物理的に攻撃する形での戦争」を行なうのに比べれば、国際社会や第三国などから受ける非難は少なくて済む可能性があります。
 なので今後「軍事力によって相手の国土や国民を物理的に攻撃する形での戦争」は行なわれる機会が減り、かわりに相手の国の「情報通信インフラに対してサイバー攻撃を行ない損傷させる」形での戦争が増えるのではないかと考えたのです。

「戦争は~」の続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ハードボイルド純愛論 [読者の皆さんと考える]

 当塾では「純愛論」と題して、ハードボイルド論を連載しています。
「ハードボイルドは愛だ」と、そこでは唱えさせていただいております。
 その旨を先日、なおぼんさんのblog「wawabubu(なおぼん)のblog」のうち「はぁどぼいるど・なおぼん」と題された頁のコメント欄に書かせていただきました。
 すると同じ頁のコメント欄に、なおぼんRさんが以下のようなコメントを書いてくださったのです。なおぼんRさん、どうもありがとうございました。

梧桐渉様 おはようございます
レイモンド・チャンドラーですね。
「優しくなければ生きている資格がない」ってやつ。
愛は西洋では、非常に熱を帯びて語られる。
神の愛、人類の愛、大自然の愛…
アガペーとエロース、フィリアとストルゲー
ところが日本には大した愛の分類はない。
だからといって日本人が愛に乏しいのかというとそうではない。
色や空模様に細かい分類をし、名前を付ける日本人が愛についてはあまり語らない。
ハードボイルドはやはり、欧米の文化を色濃く反映し、騎士道精神とジェントルマンの美学が醸し出す善と悪…そんな感じでしょうか。
ハードボイルドにはやはり人間の弱さが裏にあると思うのです。
それは愛を死守せんがために、自らを犠牲にする美しさでしょうか?

 やさしくなれなかったら、生きている資格がない――
 レイモンド・チャンドラー作『プレイバック』に出てくるこの科白に関して、「純愛論」では「純愛論.9」の頁で言及させていただいております。
 しかし「純愛論.10」の頁では、次のようにも書かれています。
「ロス・マクドナルドは人と人との愛について、より細かに描きだしたと言えるのでなかろうか。ハメットやチャンドラーなどよりもはるかに細かく、そのひださえをも。」
 さらに「純愛論.24」の頁では、次のように書かせていただきました。

「~純愛論」の続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の4件 | -
メッセージを送る